2015年10月31日

第152回天皇賞(秋) パドック診断士の事前予想

精鋭たちが激闘を繰り広げる中距離チャンピオン決定戦
「第152回 天皇賞(秋)」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


芝・中長距離のGI 戦線を歩んできたビッグネームだけでなく、サマー2000シリーズや直前の前哨戦で頭角を現した上がり馬、菊花賞を回避して芝・中距離戦線に狙いを定めた3歳馬など、天皇賞(秋)はさまざまな路線から出走馬が集まるレースだ。能力比較が難しいせいか波乱の決着も多く、2005年に単勝オッズ75.8倍(14番人気)のヘヴンリーロマンスが優勝を果たしたほか、ここ4年もそれぞれ単勝オッズ10倍以上の馬が優勝している。伝統ある一戦の勝者として、歴史にその名を刻むのはどの馬だろうか。



第152回天皇賞(秋) パドック診断士の事前予想

天皇賞秋:実力伯仲、平均ペース、外枠不利。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月30日

第152回天皇賞(秋) 競馬通nojiの事前予想

秋のGTシリーズ、今週も金曜日は競馬通nojiさんがいきます!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


第152回天皇賞(秋) 競馬通nojiの事前予想

菊花賞は無印→△→▲の決着。敗因は、"母の父サクラバクシンオー"で思考停止してしまったこと。馬自体はずっと評価していたんですがね。○が4着で◎が5着。今週がんばります。

 さて、天皇賞の舞台東京2000メートルはスタート後すぐにコーナーを迎える典型的な外枠不利なコース。特に先行しようと思ったらロケットスタートでもできない限り、外を回らされかなりの距離損を強いられます。

前哨戦を見ると、(事前の盛り上がり通り)メンバーだけなら毎日王冠が断然で揃っており、今回も1〜3着及び6〜10着が出走。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月28日

第76回菊花賞 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

今日はスポーツナビの記事の冒頭でいきましょう!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


「♪これが競馬のぉ〜、まつりだよぉ〜」

 秋晴れの淀に、サブちゃんこと北島さんの歓喜の歌声が高らかに響き渡った。「GIという舞台で歌うなんて失礼だとは思ったんだけど、“勝ったら歌うよ!”と公約したからにはね」と北島さん。5万の大観衆も歓声と手拍子でサブちゃんの『まつり』を後押しした。

「手拍子がバラバラだったから歌いにくかったんですけどね(笑)。でも、競馬ファンのみなさんに喜んでいただけて良かったですよ」

 冗談まじりにターフのど真ん中での熱唱を振り返った北島さんだったが、これまで長年にわたって歌い続けてきた『まつり』の歴史の中でも、忘れられない1ページになったに違いない。いや、ひょっとすると、今までで最高の『まつり』を歌ったのではないだろうか。と言うのも、レース後の記者会見で、北島さんはこんな言葉で菊花賞勝利の喜びを語っていたからだ。

「言葉では言い表せないくらいの感動です。うれしさと、何かこみ上げてくるものがありますね。昭和38年から競馬が好きでお馬を持たせていただいて、こういう立派な賞までいただきました。まもなく80歳を迎える私には、生まれて初めてこんな感動した日はありません。幸せいっぱいです」

 ゴールに入ったと同時にバンザイの拳を振り上げ、そして「泣きました」、ほろりと涙が出たという。日本一の演歌歌手の心をそれほどまでに震わせたキタサンブラックと北村の走り。イの一番の勝因として挙げたのは、オーナー、調教師ともに北村の“腕”だった。清水調教師が語る。

「やっぱり北村君でしょうね。レース中はよく辛抱してくれました。馬をなだめて、なだめて、競馬が結構動きましたけど、それでもジッとしていましたから」


パドック診断士さんも紹介していましたが、「半世紀」ですからね。






にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2015年10月27日

第76回菊花賞 パドック診断士の総括

久々の京都競馬場でしたが、昔を色々想い出して感慨深い1日でした。4コーナーから直線に入った辺りで菊花賞を見ましたが、なかなか見応えのあるレースでした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


スタートで7スティーグリッツが痛恨の出遅れで始まった菊花賞。大外枠から18スピリッツミノルが逃げを打って最初の1000mが60秒2と平均ペース、2周目向こう正面で9アルバートドッグが軽く仕掛けてレースが動きました。11リアルスティールも引っ掛かり、3タンタアレグリア、14マッサビエルもジワリと3コーナーで進出。直線で8ミュゼエイリアンが粘る所を1番人気の17リアファルが抜け出し、内から4キタサンブラックがこじ開けながら脚を伸ばし先頭に。外から11リアルスティールが猛追も何とか残して馬主北島三郎悲願のGT制覇。11リアルスティールが2着に、17リアファルが3着になりました。

勝った4キタサンブラック、内々で我慢して折り合っていましたが、最後の直線でこじ開けた末脚と粘ったスタミナに脱帽です。北村宏騎手の落ち着いた騎乗と力強い追いップリが印象に残るレースでした。7スティーグリッツのスタート出遅れと、2周目3コーナーで10ブライトエンブレムが不利を受けた(加害馬は2サトノラーゼンで岩田騎手は50000円の罰金)のが少し残念でした。

以下ジョッキー・馬主サブちゃんのレース後のコメント抜粋です。

1着4キタサンブラック(北村宏騎手):「嬉しいです。内から抜けた後に外から馬が来てたので、何とか頑張ってくれという思いでした。道中も慌てずに乗れましたし、オーナーにずっと乗せていただいて、3冠の最後に勝てて良かったです。」

(北島三郎オーナー):「こみ上げてくるものがあります。もうすぐ80歳になりますが、こんなに感動したことはありません。直線では声が出ましたし、ゴールの時は万歳をして涙が出ました。本当に幸せです。」

2着11リアルスティール(福永騎手):「返し馬でいい走りをしていたし、自信を持って乗りました。向こう正面で接触してリズムを崩しましたが、そこから我慢してくれて、最後はよく伸びてくれました。状態が良かっただけに残念です。」

3着17リアファル(ルメール騎手):「レース前からテンションが高くて、向こう正面で少しずつ消耗してしまいました。でも初めてのGTで良く走ったと思います。」

4着3タンタアレグリア(蛯名騎手):「道中折り合って、最後も良く伸びていますが、あと少しでした。」

5着2サトノラーゼン(岩田騎手):「引っ掛からないように我慢しながらの追走でしたが、直線で手応えほど切れませんでした。距離が長かったからかも知れません。」

7着10ブライトエンブレム(田辺騎手):「内でリラックスして走っていました。3コーナーの不利が痛かったのですが、また盛り返してくれました。これからが楽しみな馬です。」

9着14マッサビエル(戸崎騎手):「前走より落ち着いて走っていました。早めに馬群を抜け出したのですが…残念でした。」

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月26日

第76回菊花賞 結果

サブちゃんやった!北島三郎の夢叶う!サブちゃん悲願の初G1

速報は「祭り」状態です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


【菊花賞】サブちゃん悲願の初G1、キタサンブラック優勝
スポーツ報知

 馬主歴50年以上のサブちゃん熱唱だ。歌手の北島三郎さんがオーナーの5番人気のキタサンブラック(北村宏)が直線抜け出して優勝。最後の1冠を制した。

2着は2番人気のリアルスティール(福永)、3着が1番人気のリアファル(ルメール)だった。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月25日

第76回 菊花賞 パドック診断士からの手紙

淀の3000mで締めくくるクラシック最終戦 「第76回 菊花賞」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


10.17.2.3.4

自信度60%

買い目

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月24日

第76回菊花賞 パドック診断士の事前予想

淀の3000mで締めくくるクラシック最終戦 「第76回 菊花賞」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


今年のクラシック最終戦・菊花賞は、皐月賞、日本ダービーの二冠を制したドゥラメンテが故障で戦線を離脱したことで、どの馬が勝ってもクラシック初戴冠となる。春シーズンの実績馬が改めてその存在をアピールするのか、それとも春のクラシックに出走していなかった馬が一気に頂点まで上り詰めるのか。

ということで、これを受けてのパドック診断士さんのコメントです。

2冠馬ドゥラメンテがいないクラシック最終戦『菊花賞』、予想するのは難しいですが「楽しい」ですね。明日は現地京都競馬場に乗り込みパドック診断させて頂きます!

第76回菊花賞 パドック診断士の事前予想


菊花賞:混戦模様、平均ペース、内枠有利。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月23日

第76回菊花賞 競馬通nojiの事前予想

秋華賞は○→△→無印の決着。診断士さんが事前予想で3着馬を取り上げていたのを見ていたので実際の馬券では拾えましたが、予想としてはハズレ。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


上記のコメントは・・・

金曜日です!そうです!競馬通nojiです!

さあ、今週も「買い目」付き

では、早速いきましょう!

第76回菊花賞 競馬通nojiの事前予想

です。

さて、今週は菊花賞。二冠馬ドゥラメンテ筆頭にダービー出走馬に故障が相次いでいるのは、父である2004年のキングカメハメハ世代と(当日の気温や走破タイムの速さも)重なって見えてしまいます。そしてあの年同様、ダービー上位馬が前哨戦で敗戦。その上、両トライアルともに逃げ切り決着ということで本番も一筋縄ではいかなさそう。今年は何故かセントライト記念に実績馬が揃ったものの、それでいて完全な前残り決着。10着ブライトエンブレムでも0.4秒差の接戦ですので、負けた馬の巻き返しも充分あるのかも。ちなみに、2004年の菊花賞を勝ったのは古馬混合1000万下(九十九里特別)勝ちのデルタブルースでした。
  菊花賞の京都芝外回り3000メートルはスタート直後にコーナーがあります。そしてコーナーは6回。馬群がばらけなければ外枠はかなり距離損を強いられがちです。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月21日

第20回秋華賞 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

阪神は金本監督、DNAはラミちゃんですか・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


まあ、ラミちゃんは興行的にはかなりいい選択でしょうね。管理人も横浜在住の時、幾度か横浜スタジアムに行きましたが、横浜駅から関内あたりの人口の割には、やはり動員が少ないですから、毎回何らかのパフォーマンスが確実な監督なら人は来るでしょう。

で、金本監督ですが、スタッフはどうするのでしょう。経験なしの監督なら経験豊富なスタッフが必要と考えるのが普通ですが、ここで矢野、下柳、赤星といった「仲良し」が集まると、なんか変な方向に行きそうです。どうぜならついでに「新井お兄ちゃん」も打撃コーチで入ってもらって、新井は広島の選手兼阪神のコーチ・・・とかになると、それはそれで見もののような気がしますが。
 ま、ガチで言うと、スタッフに一番適しているのは、現場経験豊富な楽天の「ミキティ」さんでしょうかね。
大事なことなのでもう一回言いますが、「現場(口出し)経験豊富な三木谷さん」でいかがでしょうか。


さて、いきなり話は変わりますが、今日は

第20回秋華賞 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りしましょう。

では早速どうぞ!



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2015年10月20日

第20回秋華賞 パドック診断士の総括

最近はスローペースで直線の上がり勝負という競馬が多いですが、今回の秋華賞は各馬頑張った激しい見応えのあるレースでした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは何頭かが逃げようとして前がかりになった事でハイペースとなり、結局16ノットフォーマルが逃げましたが1000m通過が57.4秒とビックリの早さ。直線でまず8ホワイトエレガンスが先頭に立ち各馬殺到、馬群を割って1番人気の18ミッキークイーンが力強く抜け出して2冠達成。外から猛追した9クイーンズリングが2着に、好位から粘った6マキシマムドパリが3着となりました。

勝った18ミッキークイーン、スタートが上手くいって中段の位置で折り合えたのが良かったですね。ペース云々より最後の直線で被せられた中をこじ開けて伸びてきたのは強いなあと感心しました。

以下ジョッキー・調教師のレース後のコメント抜粋です。

1着18(浜中騎手):「ホッとしました。馬が本当に強かったです。速い時計の出る馬場ですから意識的に先行集団へ行こうと思ってました。直線は外へ行くか馬群の中に入るか迷ったのですが、馬の力を信じて真ん中を割って行きました。馬はよく応えてくれ一生懸命走ってくれました。」

(池江調教師):「ホッとしました。返し馬も落ち着いていたし、最後にゲートへ入ることも良かったのでしょう。ジョッキーとは中段より前につけないと勝てないんじゃないかと話していました。直線では大丈夫かなと思いましたが、馬も騎手も頑張ってくれましたね。次は馬の様子を見てオーナーと相談しようと思います。」

2着9クイーンズリング(吉村調教師):「良く走ってくれました。輸送してレース当日にいつも馬体重が減るので、近場の京都はプラスになると思っていました。」

3着6マキシマムドパリ(幸騎手):「調教に乗っていい馬だと思いました。このペースで行って前にいた馬で残ったのはこの馬だけなので、よく頑張っていると思います。」

6着11タッチングスピーチ(ルメール騎手):「内回りコースは彼女には忙しいですね。最後に脚を使っていますが遅すぎました。」

8着7トーセンビクトリー(武豊騎手):「初めて道中力んで走って掛かり気味でした。直線ではスパッとした脚が使えませんでした。力を出せませんでした。」

17着10レッツゴードンキ(岩田騎手):「返し馬から掛かってしまい、レースでも折り合いをつけられなかった。空回りしてしまいました。距離も長いのかな。」

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月19日

第20回 秋華賞 結果

過去19回、大外枠から秋華賞を勝った馬はゼロ! ということらしいです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


二冠ミッキークイーン大外枠も勝因の1つ 牝馬の時代後継へ、浜中「特別な馬」
スポーツナビ

JRA3歳牝馬三冠の最終戦、第20回GI秋華賞が18日、京都競馬場2000メートル芝で開催され、浜中俊騎乗の1番人気ミッキークイーン(牝3=栗東・池江厩舎、父ディープインパクト)が優勝。中団から力強く突き抜け、春のオークスに続く二冠を達成した。良馬場の勝ちタイム1分56秒9は、昨年のショウナンパンドラを0秒1更新する秋華賞レコード

 今回の勝利でミッキークイーンはJRA通算7戦4勝、重賞はGIオークスに続く2勝目。騎乗した浜中は昨年に続く秋華賞連覇、同馬を管理する池江泰寿調教師は同レース初勝利となった。

 なお、クビ差の2着にはミルコ・デムーロ騎乗の5番人気クイーンズリング(牝3=栗東・吉村厩舎)、さらに1馬身1/4差の3着には幸英明騎乗の8番人気マキシマムドパリ(牝3=栗東・松元厩舎)が入線。クリストフ・ルメール騎乗の2番人気タッチングスピーチ(牝3=栗東・石坂厩舎)は6着、岩田康誠が騎乗した3番人気の桜花賞馬レッツゴードンキ(牝3=栗東・梅田厩舎)は17着に敗れた。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月18日

第20回秋華賞 パドック診断士からの手紙

5,000円を細かく刻んだ買い目で勝負です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


9.10.11.8.7

自信度50%。

買い目

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月17日

第20回秋華賞 パドック診断士の事前予想

3歳牝馬たちが舞う秋の大舞台 「第20回 秋華賞」

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


「近年の秋華賞では上位人気馬がファンの支持に応えるケースが目立っているが、2008年には11番人気→8番人気→16番人気の順で決着し、3連単の払戻金が1000万円を超える大波乱となった。当レースが行われる京都競馬場の内回り・芝2000mコースは、ペース配分が難しい舞台となっているようで、過去には下位人気馬の台頭が多く見られてきた」

さあ、一気に挽回するチャンス?かも?

2008年の1000万円は今でも覚えています。確かイエローハットでオイル交換していた時に知った記憶があります。

ということで気合を入れていきましょう!

第20回秋華賞 パドック診断士の事前予想

です。

秋華賞:紐穴注意、平均ペース。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月16日

第20回秋華賞 競馬通nojiの事前予想

6月28日の「宝塚記念」事前予想以来、約4か月ぶり、

あの男が帰ってきました!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


そうです。4カ月の沈黙を破って満の持しての登場です。

そう、帰ってくるなら「買い目」付き

では、早速いきましょう!

第20回秋華賞 競馬通nojiの事前予想

です。

「例年穴人気となる古馬1000万下勝ち馬が今年は3頭。うち2頭はトライアルで権利取り。特にローズS3着馬は上位人気になりそう。

京都内回り2000メートルで行われる秋華賞はたぶん、人気馬の鞍上にとって乗りづらいコースだと思います。まして後ろからいくしかない馬なら尚更でしょう。小回りで直線は平坦、しかも高速馬場。まず、内を走れた先行馬が有利。でも皆が前を意識すればペースが速くなる可能性もあり、逃げ切るのは簡単でないコース。流れに乗りつつ、どれだけロスなく4角で射程圏まで押し上げられるか



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2015年10月15日

第50回 京都大賞典 パドック診断士の馬券術(買い目分析)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


ラグビーは素晴らしかったですね。

管理人はラグビーについては神戸製鋼と三洋電機の雌雄を分ける対決くらいしか見ていなくて、少なくとも語る資格などないのですが、本当にハードで男らしいスポーツだと思います。
そういえば出身高校が一度だけ花園の一歩手前(決勝で敗退)までいったことがあり、確かビデオも残っていると思うのですが、今思えばかなりハードな練習をしていたんでしょうね。
われら青春のラグビー部のイメージしかなかったので、当時は多くある部活の一つだと思っていたのですが、今になって頑張っていたんだなと思います。

さて、今日は

第50回 京都大賞典 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

です。

ではどうぞ。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2015年10月14日

第50回 京都大賞典 パドック診断士の総括

少しガレていた(痩せていた)8ラキシスを切るか迷って押さえましたが、ここが利益創出とトリガミの分岐点でした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは4ニューダイナスティがハナに立って平均ペース。直線で7カレンミロティックが逃げ込みを狙うも、馬群を割って1ラブリーデイが力強く抜け出して優勝。外から末脚を伸ばした10サウンドオブアースが2着に、粘った7カレンミロティックが3着となりました。

1ラブリーデイは距離の心配もありましたが、強かったですね。上がりの速い競馬であっさり差し切った今日のレースを見ると、この秋は絶頂期を迎える事になりそうです。

以下ジョッキー・調教師のレース後のコメント抜粋です。

1着1ラブリーデイ(川田騎手):「秋のGTを見据えて、しっかり仕上がっていた訳ではありませんが、返し馬の雰囲気が良くて大丈夫かなと思いました。2400mなのでリズムを大事に乗りましたが、上手に走ってくれました。とにかく今後も無事に行って欲しいです。」

(池江調教師):「馬が進化してますね。次は2000m(天皇賞秋)ですが、強力な先行馬(昨日毎日王冠を逃げ切ったエイシンヒカリ)がいた方がかえって競馬しやすいと思います。」

2着10サウンドオブアース(浜中騎手):「状態は良かったですし、頑張って走ってくれました。勝ち馬の決め手はさすがGT馬ですね。次が楽しみです。」

3着7カレンミロティック(蛯名騎手):「切れ負けですね。最後も差し返そうとしてましたが…。でも速い上がりの競馬にも対応出来たし、馬は力をつけていますよ。」

4着8ラキシス(武豊騎手):「力んで走って少しずつ消耗してる感じでした。それでも最後まで伸びていますし、本当にいい馬ですね。」

6着2ワンアンドオンリー(ルメール騎手):「馬場が速いですね。切れ味勝負より柔らかい馬場で早めに動くレースが合うと思います。」

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月13日

第50回京都大賞典 結果

「診えてきた」というコメントに納得の一戦でした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


ラブリーデイ貫禄のV! 今年だけで重賞5勝目!/京都大賞典
netkeiba.com

 12日、京都競馬場で京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)が行われ、10頭立ての5番手でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で馬群の間を抜けて先頭に立ち、最後は外から脚を伸ばした2番人気サウンズオブアース(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)を1.1/4馬身振り切って優勝した。勝ちタイムは2分23秒6(良)。
 さらに1/2馬身差の3着に5番人気カレンミロティック(セ7、栗東・平田修厩舎)が入った。なお、3番人気ラキシス(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)はカレンミロティックと1/2馬身差の4着に終わった。
 勝ったラブリーデイは、父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、その父ダンスインザダークという血統。春のグランプリホースが秋の始動戦をキッチリと制し、これからのGI戦線に向けて弾みをつけた。また、本馬はこの勝利で11月1日に行われる天皇賞・秋の優先出走権を獲得した。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2015年10月12日

第50回京都大賞典 パドック診断士からの手紙


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


10.1.5.7.2

自信度80%。

買い目

三連複ボックス
1.2.5.7.8.10を各500円。

買い目自信度80%。

パドック診断士

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

第66回毎日王冠 パドック診断士の馬券術(買い目分析)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


川崎フロンターレ大久保が3人のお子さんと同時に「丸刈り」にしたそうです。

奥様の抗がん剤治療により「これからの入院や治療への不安を少しでも和らげれたらなぁと思い、子どもたちと相談して坊主にしてみました」ということですが、なんとか投与により回避して欲しいものです。

それにしてもお子さんは3人三様で、みなさん本当に可愛い、男前で、お父さんそっくりです。

さて、今日は

第66回毎日王冠 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りします。




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

第66回毎日王冠 パドック診断士の総括

なかなか噛み合いませんが、自分の中では『診えてきた』イメージはあるんです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


結果が出てないので大きな事は言えないのですが、今後を見て頂ければ幸いです!

レースは13エイシンヒカリがハナに立って平均ペース。直線で各馬追いすがるも上がり3ハロンを34.0秒でまとめて見事な逃げ切り勝ち。好位から競馬した2頭の4ディサイファが2着、6イスラボニータが3着となりました。

以下ジョッキー・調教師のレース後のコメント抜粋です。

1着13エイシンヒカリ(武豊騎手):「いい感じで走ってくれました。今日も入れ込んでいたので、道中掛かるかと思いましたが、折り合いもつきました。天皇賞秋は距離が問題ですが、強い相手に良く頑張ってくれました。」

2着4ディサイファ(四位騎手):「道中はロスなくいけました。しかし、逃げ馬をつかまえきれませんでした。馬は逞しくなっています。」

3着6イスラボニータ(蛯名騎手):「一応格好はついたと思います。次に向けてもう少しリラックス出来るといいでしょう。」

6着7アンビシャス(デムーロ騎手):「久しぶりでスタートが悪くなりました。伸びていますがメンバーが強かったです。」

9着5ヴァンセンヌ(松永幹夫調教師):「結果は残念でしたが、いい競馬をしてくれました。一回使って変わってくれると思います。」

10着12スピルバーグ(北村宏騎手):「ゲートの出は普通でしたが、なかなか行き脚がつかなくて…。調教を積んで状態は悪くなかったのですが、気持ちが伴っていませんでした。次巻き返せるように頑張ります。」

5ヴァンセンヌの横山典騎手が好位から競馬したのは、武豊騎手をマークしていたのかなと思いますが、10リアルインパクトにつつかれていましたね。前半1000mを59.9秒で逃げた13エイシンヒカリの武豊騎手、お見事なペース配分でした。11ステファノスがかなり走れると思いましたが残念でした。

明日は買い目分析を致します。

尚、明日の京都大賞典も勝負するかも知れません。

パドック診断士

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括