2016年02月29日

第90回中山記念 結果

固い・・・固すぎる結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


2冠馬ドゥラメンテが復帰戦V! デムーロ500勝&重賞5連勝!/中山記念
netkeiba.com

 28日、中山競馬場で行われた中山記念(4歳上・GII・芝1800m)は、5番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ドゥラメンテ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が、直線に入って堂々と抜け出し、後方2番手から猛追してきた4番人気アンビシャス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)をクビ差振り切り優勝した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。
 さらに1/2馬身差の3着に2番人気リアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、3番人気イスラボニータ(牡5、美浦・栗田博憲厩舎)は9着に終わった。
 勝ったドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、その父サンデーサイレンスという血統。昨年の皐月賞・日本ダービーを制した2冠馬が、骨折明けの一戦を見事に制した。また、鞍上のM.デムーロ騎手はこの勝利でJRA通算500勝及び、開催5日連続重賞勝利を達成した。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年02月28日

第90回中山記念 パドック診断士からの手紙

パドック診断の自信度と買い目の自信度のバランスが気になりますが・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


6.9.10.2.5

自信度30%。

買い目

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年02月27日

第90回中山記念 パドック診断士の事前予想

さあ、今年もいよいよJリーグが開幕しました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


なでしこも気になりますが、やはりこの季節になると今でも心がうきうきします。

皆さんの贔屓クラブはどんなスタートを切ったのでしょうか?

さて、今日は

第90回中山記念 パドック診断士の事前予想

をお送りします。


中山記念:王者復帰戦、平均ペース

本命馬は昨年皐月賞・日本ダービーを制した9ドゥラメンテ。ダービー後に骨折し9カ月の休養明け、調教の動きはまだまだ完調とは言えませんが、能力は現在の競馬界ではトップホース。凱旋門賞を取ろうとする馬、格好はつけるだろうし馬券にならない波乱は無いと診ます。但し、他馬に付け入る隙があるなら今回、負けるなら今回だと思うし、2着や3着の可能性もあり三連単一頭マルチが妙味。

対抗馬は6イスラボニータ。レースの上手い馬に蛯名騎手がぴったりのコンビ、「今までの休み明けで1番良い動き、強い馬がいるが楽しみ」と蛯名騎手はコメントしています。前々でレースを運んで押さえ込めるか注目です。

単穴は2リアルスティール。昨年クラシックは皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着とドゥラメンテとキタサンブラックに後塵を拝したが、能力は上位。今回別定戦で斤量55kgは有利だし、乗り込み仕上がり順調で、負かせるなら今回か。

◎:9
○:6
▲:2
△:10.5.7
穴馬:無し
消し馬:1.4.8.11


馬券は三連単軸一頭マルチか三連単ボックスでの勝負をします。

パドック診断士

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年02月26日

後藤浩輝騎手追悼

後藤浩輝が亡くなって明日で一年が経ちます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


昨年も管理人さんにお願いして、下記内容をアップしましたが、追悼の意味を込めて再度アップ致します。

中山記念のある今週、思い出してあげてほしい…。

 通勤電車の中、あるいは仕事が一息ついたちょっとした時間や布団に入り眠りに落ちる前…この1週間、ふとした瞬間に彼のことが頭に浮かぶ。2月27日にこの世を去った後藤浩輝騎手のことだ。

 個人的に深い付き合いがあったわけではないが、当然、約15年間の関東での現場記者時代には何度も接する機会があった。彼が岡部幸雄元騎手らと年末まで激しい関東リーディング争いを演じていた2000年。同学年の彼に「そろそろベテランをやっつけて、オレらの世代の人間がトップを獲ってくれよ」と、ハッパをかけていたものだ(最終的には2位に終わった)。

 もちろん悲しみや何とも言えない喪失感もある。だが、彼のことを考えるときに浮かぶのは“なぜ?”という思いがほとんどだ。もっと大きく言えば、人間の心の危うさや命のはかなさといった類いのことを考えてしまう。そして、何となく(自宅から比較的近い)阪神競馬場の献花台に足が向かっていた。

 8日の阪神競馬場。悲報から1週間以上が過ぎているが、絶えることなくファンが訪れ、遺影の前でそっと手を合わせていた。多数の献花もされていたが、“お膝元”の中山競馬場では恐らくもっとすごい数なのだろう。あらためてファンに愛された男であることを実感した。

 昨年末の有馬記念の時には寒空の下、徹夜で中山競馬場に並ぶファンにカイロを差し入れしたというのは有名な話。とにかくファンサービスを大事にする男だったので、直接、彼と触れあった機会のある人も多いはずだ。そしてまた、競馬というのはスポーツであると同時にギャンブルでもある。「あの時は馬券を獲らせてもらったなあ」とか、またその逆もある。競馬ファンは、おのおのが彼との(一方的である場合が多いだろうが)思い出を有しているのだろう。

 個人的に思い出すのは、01年秋の栗東トレーニングセンター出張時の出来事だ。その前の週だったと思う。彼はステイゴールドに騎乗して京都大賞典に挑んだ。当時の日本最強馬テイエムオペラオーを抑えて真っ先にゴールを駆け抜けたのだが、その直前に気性難の同馬が左によれてしまい、すぐ後ろにいたナリタトップロードが転倒。渡辺薫彦騎手を落馬させたことで失格処分になった。

 栗東トレセンに出張していた記者は仕事を終え、懇意にしてもらっていたトップロードの東厩務員を訪ねようと沖厩舎に向かっていた。すると、関東所属で栗東にはいるはずのない彼が、スーツ姿で厩舎から神妙な面持ちで出てきたのだった。確か「来てたんだ」の問いかけに「うん、まあね…」と苦笑いで返してきた程度のやりとりしかなかったと思うが、すぐに彼が謝罪に訪れていたことが分かった。頑固で知られるベテランの東厩務員が「アイツは素晴らしい。あんな律義な青年はそうはいない」と感心していたのを思い出す。

 デビュー後、成績が上がらない時期に決意した単身でのアメリカ武者修行をはじめ、近年の度重なる落馬負傷からの復活。自らの努力で何度も何度も苦難を乗り越えてきた、(我々の知る限りでは)非常に強い精神力の持ち主だった。

 亡くなる10日ほど前には福島県いわき市の小学生に夢の大切さを教えていた。そして、前夜にはいつも通りフェイスブックに笑顔の写真をアップしてファンに日々の生活を報告し、土日には15鞍もの騎乗が決まっていた。そんな男がどうして突然、愛妻と幼い娘を残して、自らの命をたつ必要があったのだろうか。

 「ずっと考えていたわけじゃないと思う。色んな人に気遣いや準備をする人ですから。何も言わずに、こういうことをする人じゃないと思う。突発的な何かがあったんじゃないかな」。そう話したのは家族ぐるみで付き合いのあった福永祐一騎手だ。自宅で亡くなっているのが発見されたのは金曜朝だった。木曜に出走馬が決まり、週末に向けて気持ちを高めていくであろう段階で、張り詰めていた何かがプツリと切れてしまったのだろうか。

 突然の訃報に対する驚きを、彼の性格などを踏まえ、端的に表したのが安藤勝己元騎手のツイッターだった。「いくらパフォーマンスが得意でも、目立ちすぎやろ。本当に残念やけど、残された側は受け入れて前を向いていくしかない」。

 目立ちたがり屋で派手なことが好きで、(恐らく)その半面、寂しがり屋だった彼のことだ。忘れられることが一番つらいのではないか。だから、何かの機会にふと思い出してあげてほしい。例えば毎年、彼が逝った中山記念が行われる週に。中山記念は師匠の伊藤正徳調教師が管理したローエングリンで2度制するなど、3勝を挙げた彼が得意としていたレースでもある。

(デイリースポーツ・和田 剛)

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月24日

第33回フェブラリーステークス パドック診断士の馬券術(買い目分析)

今年のケータイ戦線は、本当に静かです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


2年前の酒池肉林の大はしゃぎが直接の原因だとは思いますが、そこから2年間完走した方は、「2年前比」で見ると、下手すると200%アップの月額を覚悟する必要があるわけで、これで家族が多かったりすると結構厳しくなりそうです。

まあ、この月末と3月決算で全キャリアが我慢できるかどうか・・・

どこかが抜け駆ければ堰を切ったように一気に元の木阿弥に戻る可能性も0ではなく、大変興味深いところです。

ま、個人的にはアイフォン6Sの機種変更で一定の条件が出るのではないかと「事前予想」しています。


さて、今日は

第33回フェブラリーステークス パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りします。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2016年02月23日

第33回フェブラリーステークス パドック診断士の総括


デムーロの勝負強さって本当に凄いですね。色々彼から勉強する事があります。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは8コーリンベリーが逃げて、他の馬達も行きたがり、1000m通過が58.4秒とやはりハイペースとなりました。

重馬場のダートは脚抜きがいい為、早いタイムが出ますが、このハイペースがレコード決着の一因、そして14モーニンの勝因だったと言えます。

4コーナーで逃げた馬達が一杯になり、中段追走の14モーニンが一気に抜け出して快勝。

こちらも中段から良い脚で伸びてきた6ロワジャルダンを外から5ベストウォーリア、その外から4アスカノロマン、更に外から7ノンコノユメがゴール前に強襲し、2着に7ノンコノユメ、3着にアスカノロマンが入りました。



以下、各ジョッキーのレース後コメント抜粋です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年02月22日

第33回フェブラリーステークス 結果

パドック診断がど真ん中で的中し、幸先のいいスタート・・・

でしたが、残念ながらトリガミです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


モーニンがレコードでGI初制覇! ダートGI史上最速のV/フェブラリーS
netkeiba.com

 21日、東京競馬場でフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600)が行われ、先団の後ろでレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の2番人気モーニン(牡4、栗東・石坂正厩舎)が、直線で先行各馬を交わして抜け出し、最後は後方から追い上げてきた1番人気ノンコノユメ(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒0(重、コースレコード)。

 さらにアタマ差の3着に7番人気アスカノロマン(牡5、栗東・川村禎彦厩舎)が入った。なお、3番人気ベストウォーリア(牡6、栗東・石坂正厩舎)はアスカノロマンとアタマ差の4着に終わった。

 勝ったモーニンは、父Henny Hughes、母Giggly、その父Distorted Humorという血統。前走の根岸Sに続く連勝でGI初制覇を果たした。デビューから282日目のGI制覇は、ダートでは史上最速の記録となる。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年02月21日

第33回フェブラリーステークス パドック診断士からの手紙

さあ、いきましょう!!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


14.5.4.7.9

自信度50%。

買い目

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年02月20日

第33回フェブラリーステークス パドック診断士の事前予想

いやぁ、久しぶりでログインパスワード、まじ忘れて「焦りまくり」ました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


さあ、2016年、パドック診断士からの手紙

幕開けです!!

今更ですが、今年最初のレース

第33回フェブラリーステークス パドック診断士の事前予想


をお送りします!

どんな予想で行くのでしょうか?

新年の方針通り3連単をベースにするのかどうか? 

さあ、期待してください!

皆様、お久しぶりです。

今年初戦はフェブラリーSで行きましょう。雨降りもあって難解ですが、頑張ります!

フェブラリーS:混戦模様、ハイペース。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。