2016年10月31日

第154回天皇賞(秋) 結果

3連単は119番人気と事前予想通りの結果となりましたが、サイト的には微妙な内容となりました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


マイル王モーリスが中距離の勲章も獲得! GI・5勝目!/天皇賞・秋
netkeiba.com

 30日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)は、先団の後ろでレースを進めたR.ムーア騎手騎乗の1番人気モーリス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で外に出しつつ一気に突き抜け、中団から追い上げてきた7番人気リアルスティール(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒3(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に6番人気ステファノス(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)が入った。なお、3番人気ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎)は7着、2番人気エイシンヒカリ(牡5、栗東・坂口正則厩舎)は12着に終わった。

 勝ったモーリスは、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、その父カーネギーという血統。安田記念、マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイルとアジアのマイルGIを総なめにしたスーパーホースが、国内ラストランを見事勝利で飾り、新たに中距離の勲章を手にした。GIはこれで5勝目。


では結果です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月30日

第154回天皇賞(秋)パドック診断士からの手紙

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


3.9.8.14.1
自信度50%。

買い目

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月29日

第154回天皇賞(秋)パドック診断士の事前予想



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


天皇賞秋:激戦、高配当、平均ペース。

本名馬は3アンビシャス。音無調教師が「溜めれば必ず切れる脚を使える。直線までのプロセスだけが課題」とコメントしています。鞍上は横山典弘、今回は激走か凡走か。

対抗馬は昨年の年度代表馬8モーリス。底力が試される東京2000m戦、ここで勝つならマイル戦に相手が居なくなり、中距離戦でもチャンピオンになります。鞍上は凱旋門賞ジョッキーR.ムーア騎手です。

◎:3
○:8
▲:1
△:9.14.4
穴:7
消し馬:2.5.10.11.13

馬券は三連単の予定
です。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月27日

11月、12月のスケジュール


前回はあまりのショックに情けない手紙を書いてしまいました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


本当に自信があったので、皆さんが喜ぶ笑顔を想像していたし、勝利のコメントをどう書こうかな、後2ヶ月をどのように儲けるかなと考えていたぐらいです(苦笑)。

私事ですが、11月〜12月は土日の仕事が多く、 スルーせざるを得ない週があります。

残り2ヶ月をどのように投資するか、まずはレース&参戦スケジュールをご案内致します。

10月30日:天皇賞秋参戦@

11月6日:アルゼンチン共和国杯参戦A

11月13日:エリザベス女王杯(スルー)

11月20日:マイルチャンピオンシップ(スルー)

11月27日:ジャパンカップ参戦B

12月4日:チャンピオンズカップ参戦C

12月10日(土曜日):朝日チャレンジカップ参戦&一日中参戦D

12月11日:阪神ジュベナイルフィリーズ(スルー)

12月18日:朝日フューチュリティステークス(スルー)

12月25日:有馬記念参戦E

以上のようなスケジュールです。@〜Eと書いてるレースに投資しますが、残すところ6戦でございます。

そして、12月10日の土曜日は朝から競馬場に行きまして(これは珍しい事ではありませんが)、利益創出できそうなレースは全て投資したいと思います。

では、どのように利益創出するのか、詳しいプランは、また来週話したいと思います。

まずは天皇賞秋でやり返します!

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月26日

第77回菊花賞 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

自信があった買い目だけに、先週の結果にはさすがに堪えたようです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


これから「第77回菊花賞 パドック診断士の馬券術(買い目分析)」を読んでいただきますが、今日の文章はさすがに落胆の色を隠しきれていません。

ここのところ「いい流れ」になってきていて、更に人気馬サイドで決着してもなんとか「収益」を確保できそうな買い目を絞り出し、「買い目自信度90%」と勢いをつけながら年末の有馬まで走り抜けようという意図が感じられる、まさに「渾身の買い目」だっただけに、つらい敗戦では済まされないものがあったのではないでしょうか。

しかし、ここからがパドック診断士の見せ場です。

秋競馬も真っ盛りに入り、ここで凹んでいる場合ではございません。

今後のためにも、ここはしっかりと振り返り、次につなげていきたいと思います。

それではどうぞ!





にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2016年10月25日

第77回菊花賞 パドック診断士の総括

久々に凹む完敗ですね…。流れが来てただけに痛恨です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは序盤から先頭が入れ替わる展開で、結局5ミライヘノツバサが逃げて最初の1000m通過が59.9秒と早めのペースで流れました。

2周目3コーナー辺りからペースアップし、4コーナーでは人気2頭が手応え良く先頭に。直線では3サトノダイヤモンドがグイグイ伸びて終わってみれば圧勝。

道中後方でジッとしていた11レインボーラインが強烈な末脚を魅せて2着に、好位で競馬して内をうまく掬った13エアスピネルが3着となりました。

以下レース後のジョッキーコメント抜粋です。

1着3サトノダイヤモンド(ルメール騎手):「今とても興奮しています。日本で始めてのクラシック勝利、この馬も初めてのGT勝利、オーナーも初GT勝利、本当に良かったです。今日はトップコンディションで、距離は心配でしたが馬の反応が良くて、集中していたので勝てると思いました。これからGTの舞台で活躍するでしょう。」

2着11レインボーライン(福永騎手):「ある程度流れると思っていたので、後ろから構えてのレースをしました。道中は折り合いに専念してなだめながら追走、直線はラストまで頑張ってくれました。期待以上の走りをしてくれましたね。」

3着13エアスピネル(武豊騎手):「引っ掛かってしまいましたね。1周目から向正面まで力んで走っていました。それでも良く頑張って走っていますよ。」

4着6ディーマジェスティ(蛯名騎手):「最初からハミを取らない感じで…。向正面でも蓋をされて、勝負どころでは勝ち馬に馬なりで離されてしまいました。2着争いも抵抗はしましたが…。」

5着8ミッキーロケット(和田騎手):「正面スタンド前で内にもたれてしまい、ハミを噛んでなかなか抜けずに力んでしまいました…。」

8着1カフジプリンス(岩田騎手):「勝負どころで動けないこの馬の弱点が出てしまいました。脚を余すもったいないレースになりました。」

9着7レッドエルディスト(四位騎手):「勝ち馬の後ろで折り合いに注意しながら追走しました。しかし、ペースが上がったどころでついて行けなくなりました。レース前はもっとやれると思っていましたが、現状では力不足なのかも知れません。これからに期待したいですね。」

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月24日

第77回菊花賞 結果

自信度80%、買い目自信度90%で臨んだレースでしたが、見事にやられました・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


【菊花賞】ダイヤモンド、みんなの悲願1冠!
サンケイスポーツ

 第77回菊花賞(23日、京都11R、GI、3歳オープン国際(指)、せん馬不可、馬齢、芝・外3000メートル、1着本賞金1億1500万円=出走18頭)皐月賞3着、ダービー2着のサトノダイヤモンドが、1番人気に応える堂々としたレースでクラシック最終戦を制し、GI初制覇を成し遂げた。ディープインパクト産駒として初めての菊花賞制覇で、クリストフ・ルメール騎手(37)は日本のクラシック初優勝となった。タイム3分3秒3(良)。2番人気のディーマジェスティは4着に敗れた。

 5万4000人の大声援を背に受けて、サトノダイヤモンドが悲願のクラシック制覇を成し遂げた。力の違いを見せつける2馬身半差の完勝劇。自身にとっても日本のクラシック初勝利となったルメール騎手は、馬上で歓喜の涙を流した。
 「エモーション(感動)が高くなっています。菊花賞は日本のクラシックで、大事なレース。勝ちたいと思っていました。ダイヤモンドといっしょに勝てました」
 道中は中団の外めに位置。人馬ともにリラックスしてレースを進めた。2周目向こう正面で後方から進出する馬が数頭いたが、自信を抱いていた鞍上は、あわてることはなかった。3コーナーを過ぎ満を持して進出し、直線に向いて先頭へ。後方から迫ったディーマジェスティを振り切ると、ラスト200メートルから独走。秋空の下、1頭だけが違う脚で駆け抜けた。
 「ジョッキーが完璧に乗ってくれました。ようやくこの馬でGIを勝てて、お世話になっている里見オーナーに恩返しができました」
 池江調教師が大きくうなずく。「春の2冠はすべての力を出せずに終わった」。3着の皐月賞は直線で接触、2着のダービーは左後脚を落鉄と不運に泣いていた。
 ラスト1冠で確実に力を出せるように、陣営は努力を続けた。地面が硬いと落鉄の可能性が高まるため、馬房などに敷くウッドチップを厚くしクッション性を高めた。
 長距離に対応できるように、体つきもシャープになるように心がけた。この日の498キロは過去最低馬体重(2月のきさらぎ賞)と同じ。「無駄な肉が取れた」と池江調教師。スリムな大人の体になったことで、ディープインパクト産駒で初の菊花賞Vを成し遂げた。

 次走は12月11日に香港のシャティンで行われるGI、香港カップ(芝2000メートル)、香港ヴァーズ(芝2400メートル)か、有馬記念(12月25日、中山、GI、芝2500メートル)の見込み。来年は凱旋門賞を視野にローテーションを組む予定だ。
 「この馬はトップクラスのGI馬です。今は体が大人になったし、ポテンシャルが高い。別のGIも勝てるでしょう」
 世界を知る名手、ルメール騎手は断言する。これからは世代、国を越えた争いの場でも、輝く存在となるだろう。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月23日

第77回菊花賞 パドック診断士からの手紙


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


3.8.7.1.6
自信度80%。

買い目



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月22日

第77回菊花賞 パドック診断士の事前予想

さあ、明日はパドック診断士さん得意の「菊花賞」です。

ただ、本当にわずかの可能性なのですが、明日は大阪城ホールの浜田省吾のコンサートチケットが入手できるかも・・・ということで、その場合は先乗りからいくことになりそうなので、微妙に更新できない可能性があります。

まあ、大丈夫だとは思いますが、その場合はすいません・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


ということで、さあいきましょう!

第77回菊花賞 パドック診断士の事前予想

です。



キタサンブラックが勝って北島三郎の『まつり』が歌われて一年が経ちました。いやはや早いですね。

菊花賞:紐探し、平均ペース。

どうしてもGTが勝てない里見オーナーの冠名サトノ軍団。遂にこの菊花賞でGT初勝利を祝えるチャンスがきました。本名馬は3サトノダイヤモンド。池江調教師がギリギリまで攻めてシェイプアップしたとコメントしていますが、調教での反応は抜群で人気でも軸とすべき馬だと思います。

対抗馬は1カフジプリンス。長距離適性と末脚は魅力で、スランプを脱出した岩田鞍上で最内枠、買いたい要素だらけ。楽しみな一頭です。

皐月賞馬6ディーマジェスティは初輸送だけが不安も鞍上は『2000以上の蛯名』、良い勝負にはなると思います。

◎:3
○:1
▲:6
△:7.8.16
穴:10
消し馬:2.5.9.12.14.15.18


馬券は三連単かワイドの予定です。

パドック診断士




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月14日

第51回京都大賞典 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

先日「シン・ゴジラ」を見に行ってきました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


一度見たいと思っていたのですが、たまたま映画の日にふらっと開演30分前にいったところ、

なんと「残席は1つ」

いや、人気あるんですね。(一人で行ってよかった・・・というか一人しか行けなかった)


少しネタバレになるのですが、もし今東京に人の手ではどうしようもない「大災害」が起こった場合、一体この国はどうなってしまうのだろうと改めて考えさせられました。

「人財」、これがやはり日本のキーポイントなんでしょうね。

いや、いい映画でした。

さて、今日は

第51回京都大賞典 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りします。

ではどうぞ。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

2016年10月13日

第51回京都大賞典 パドック診断士の総括

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは6ヤマカツライデンが逃げて、1000m通過が62.0秒とスローペース、1キタサンブラックは2番手で楽々追走。「楽だった」とレース後、武豊騎手はコメントしています。

3コーナーの坂を下ってからペースアップし、直線で手応え抜群の1キタサンブラックが先頭に立ち、後はおいでおいでの楽勝。内々で競馬した3アドマイヤデウスが2着に入り、好位から伸びてきた10ラブリーデイが3着となりました。

以下レース後のジョッキー・調教師コメント抜粋です。

1着1キタサンブラック(武豊騎手):「この馬らしい勝ち方でした。行く馬がいなければ行こうと思っていましたが、スローで引っ張ってくれて楽でしたね。追って切れるタイプではありませんが、後ろから馬が迫れば伸びてくれるので、着差以上に完勝でした。オーナーに誕生日プレゼントをと思っていたので、勝てて良かったです。」

2着3アドマイヤデウス(橋田調教師):「馬の状態がすごく良くて頑張ってくれましたが、ペースが遅くて強い馬が楽な競馬をしていましたね。」

3着10ラブリーデイ(ルメール騎手):「勝ち馬の後ろで完璧なレースが出来ましたが、最後の50メートルあたりで伸びませんでした。少し距離が長いのかな…。でもこれで天皇賞秋が楽しみですよ。」

4着8サウンドオブアース(デムーロ騎手):「久しぶりでしたが最後は良い脚を使ってくれました。馬は頑張っています。」

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月12日

第51回京都大賞典 結果

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


キタサンブラックが初めての1番人気に応え完勝!/京都大賞典
netkeiba.com

 10日、京都競馬場で行われた京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)は、2番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラック(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、好位追走から差を詰めた6番人気アドマイヤデウス(牡5、栗東・橋田満厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分25秒5(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気ラブリーデイ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、3番人気サウンズオブアース(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)はラブリーデイから3/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド、母シュガーハート、その父サクラバクシンオーという血統。昨秋の菊花賞、今春の天皇賞を制しながらこれまで一度も1番人気に支持されたことがなかったが、今回キャリア12戦目にして初めて断然の支持を得て、これにキッチリと応えて見せた。重賞はこれで5勝目。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月11日

第67回毎日王冠 パドック診断士の馬券術(買い目分析)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村





にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術

第67回毎日王冠 パドック診断士の総括

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは6マイネルミラノが逃げて、稍重馬場で1000m通過が60.3秒と淀みないペース、前掛かりの馬が多く差し・追い込み馬に有利な展開となりました。

直線に入って先行馬達が叩き合うところを馬場の外側から、7アンビシャスと10ルージュバックが凄まじい末脚を魅せて、結果10ルージュバックが人気に応えて優勝。7アンビシャスが2着、3着には最後方にいた人気薄の1ヒストリカルが入りました。

以下レース後のジョッキー・調教師コメント抜粋です。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月10日

第51回京都大賞典 パドック診断士からの手紙



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


1.8.3.10.6
自信度70%。

買い目


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

第67回毎日王冠 結果

自信度80%で臨みましたが、トリガミでした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


【毎日王冠】ルージュバック差し切って23年ぶりの牝馬V
サンケイスポーツ

 10月9日の東京11Rで行われた第67回毎日王冠(3歳以上オープン、GII、芝1800メートル、12頭立て、1着賞金=6700万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ルージュバック(牝4歳、美浦・大竹正博厩舎)が後方2番手追走から、直線は大外を力強く伸びて3つ目の重賞V。タイムは1分46秒6(稍重)。牝馬による毎日王冠優勝は9頭目、1993年シンコウラブリイ以来23年ぶり。

 「タメも利いてリズム良く走ってくれた。この子のいいところをうまく出せたと思います。久しぶりのぶん反応が鈍いようなところはありましたが、1度使って、良くなると思います」と戸崎圭太騎手はレース内容をこうふり返った。ルージュバックの次走は天皇賞・秋(10月30日、東京、GI、芝2000メートル)かエリザベス女王杯(11月13日、京都、GI、芝2200メートル)が有力視されている。「ずっと乗せていただいている馬なので、GIタイトルをぜひ一緒に取りたいと思います」と、戸崎騎手は力を込めた。

 2着にはルージュバックより少し前を追走していたアンビシャス(3番人気)がクビ差で食い下がり、さらに3馬身遅れた3着に最後方から脚を伸ばしたヒストリカル(11番人気)が入った。

 ルージュバックは、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、母の父オーサムアゲインという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は11戦5勝。重賞は2015年きさらぎ賞・GIII、2016年エプソムCに次いで3勝目。毎日王冠は大竹正博調教師、戸崎圭太騎手ともに初優勝。


では結果です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

2016年10月09日

第51回京都大賞典 パドック診断士の事前予想

毎日王冠は馬単1番人気で残念ながらトリガミ。明日も京都で重賞が組まれています。こちらも実力馬が始動します。

京都大賞典:本名サイド、平均ペース


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


負けたレースも強さを魅せて粘りに粘る競馬をする1キタサンブラック。ドゥラメンテが引退した現時点では総合力で相手になる馬が居ないのかも知れません。

3歳馬3強(マカヒキ・サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ)が有馬記念あたりで挑戦する事になると思います。それは楽しみにしておいて、明日はまず勝つでしょう。

もし負けるなら、素晴らしい切れ味のある追い込みか、早仕掛けで早め先頭のような奇襲攻撃しか敵わないでしょう。

前者はデムーロ鞍上8サウンドオブアース、後者は岩田鞍上3アドマイヤデウス。

◎:1
○:8
▲:3
△:10.4.6
穴:2
消し馬:5.7.9


馬券は三連単フォーメーションの予定です。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

第67回毎日王冠 パドック診断士からの手紙

買い目自信度80%。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


2.11.7.10.5
自信度80%。

買い目



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月08日

第67回毎日王冠 パドック診断士の事前予想

毎日王冠:実力馬始動、平均ペース。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


宝塚記念は完敗だった7アンビシャス。「まだまだこれからの馬」と横山典弘騎手がコメントしていましたが、力は十二分にある馬で今回跨がるルメールとは(3.1.0.0)と好相性で本命視

対抗馬は私と相性が良い2ステファノス。藤原調教師が「かなり仕上がりが良い」とコメントされていますが調教もすこぶる良好、この秋シーズンで活躍が見込める逸材。

単穴は11ウインフルブルーム。完全復調を感じさせる近2走の競馬、好位からの抜け出しで粘り込む展開も味方しそうで狙い目。

現在1番人気の10ルージュバックは、調教の動きがいかにも休み明けの重い動きで凡走の可能性も。但し54kgの斤量は有利で軽くは扱えない。

◎:7
○:2
▲:11
△:10.5.9
穴:無し
消し馬:1.3.4.6.8.12


馬券は点数を絞って馬単の予定です。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

2016年10月05日

第50回スプリンターズステークス パドック診断士の馬券術(買い目分析)

産経新聞の「シベリア鉄道、北海道延伸を」という記事には驚かされました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


シベリア鉄道、北海道延伸を 露、経済協力50項目要望
産経新聞 10月3日(月)7時55分配信

 政府が検討している対露経済協力について、ロシア側がシベリア鉄道を延伸し、サハリンから北海道までをつなぐ大陸横断鉄道の建設を求めていることが2日、分かった。ロシアは要望の「目玉」として、日露の物流のみならず観光など人的交流の活発化を期待。一方、日本側もロシアの生活の質向上や、資源収入に頼る産業の多角化につながる協力策の原案をまとめており、ロシア側要望への対応を精査している。
 シベリア鉄道の延伸は、アジア大陸からサハリン(樺太)間の間宮海峡(約7キロ)と、サハリンから北海道・稚内間の宗谷海峡(約42キロ)に橋またはトンネルを建設する構想だ。実現すれば、日本からロシアの首都モスクワを経て欧州を陸路で結ぶ新たなルートを構築でき、プーチン大統領もかつて「シベリア鉄道を日本の貨物で満載することにつながる」と期待感を示したという。
 併せて、モスクワの東約800キロにあるカザンからウラジオストクまでのシベリア鉄道高速化構想も浮上している。シベリア鉄道の輸送期間短縮でロシア国内の経済活性化に貢献するほか日本企業の商機拡大にもつながる。将来の現地生産をにらみ、車両や信号システム、レールなど日本の技術をパッケージで売り込む構想で、既に一部の関連企業は事業性の検討を始めたとみられる。
 ロシアは日本に対し、シベリア鉄道関連を含む50項目のプロジェクトを提案。極東の発電所から電気を海底ケーブルで北海道または本州に運ぶ「エネルギー・ブリッジ構想」も注目株だが、重要なエネルギーインフラをロシアに握られるリスクも懸念される。

 一方、日本側も経済協力でロシアの国民感情を軟化させ、北方領土交渉の前進につなげたい考えだ。


実は管理人は61歳になったら「シベリア鉄道でモスクワまで一人旅」をしたいというのが目下の夢で、実はその構想は旧ソ連時代から抱いていて、バブルの頃にはシベリア鉄道を舞台にしたトレンディドラマの台本を書いて「フジテレビヤングシナリオ大賞」に応募しようとマジで考えていました。・・・といっても原稿用紙2枚程度で挫折したのですが(笑)

時間を気にせずに、思うままに途中下車して、できれば中央アジアにも足を延ばして、サマルカンドには絶対一度は行ってみたいですし、アジアとヨーロッパの境目、イスラム文化と欧州文化の境目をこの肌で感じたいって思っています。私の記憶に間違いがなければ、確かシベリア鉄道の支線に満州まで伸びる「東清鉄道」というのがあって、この権利を日本は日露戦争で得てから南満州鉄道を更にその支線として伸長させたのだと思います。ちなみに今から30年前には学生だった私の卒業論文は「南満州鉄道の営業収支から見る15年戦争」だったということも付け加えると、結構本気だということがわかっていただけるのかも知れません。

 いや、しかし個人的な蘊蓄は置いておいて、北海道からシベリア鉄道に乗れるなんてことになれば、本当にびっくりものです。でも、もし行くとしたらやはりウラジオストークから行きたいですが。

それと、もし万一実現すれば、有史以来初めて日本という国が他国と事実上陸続きになるというリスクもあるということは真剣に議論しなければならないのではないでしょうか。

ま、今のところただの夢物語でしょうが。


さて、一体何のブログかわからなくなってきましたが、今日は

第50回スプリンターズステークス パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りします。

では、お送りしましょう!


凱旋門賞、マカヒキ残念でした。

記念に単勝馬券を数点買いましたが、小さな利益創出でも世界最高峰のレース『凱旋門賞』での的中&利益創出は嬉しいものです。


と、ここで、皆様とパドック診断士さんに謝らなければいけないのが

実は、パドック診断士さん、凱旋門賞の買い目を「手紙」で送ってくれてたのです。

週明けになってから気づきました・・・

それがコレ ↓

買い目

単勝
2を4000円。
4を500円。
7を1500円。
10を2000円。
11を2000円。
16を2000円。

合計購入額:12000円


買い目自信度80%。

パドック診断士

ということで、10の配当が780円だったので、15,600円と3,600円の勝ち越しでした・・・

改めて、すいませんでした!



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 馬券術