2017年03月23日

第65回阪神大賞典の流れ

実は先週の「阪神大賞典」は、パドック診断士さんから「事前予想」「手紙」と貰っていたのに、気付かず、アップできませんでした。

期待して待ってくれていた皆様

大変申し訳ございませんでした!

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


ということで、今日は「事前予想」から「パドック診断士からの手紙」を今更ですがアップしたいと思います。

【第65回阪神大賞典 パドック診断士の事前予想】

阪神大賞典:本命戦、スローペース。

有馬記念を制して、もはや現役最強馬となった9サトノダイヤモンド。『凱旋門賞』をめざす本年初戦にこの長距離レースを選んだ。このメンバーならまず勝つでしょう。本命視。

もし9サトノダイヤモンドを負かすとするなら昨年の勝ち馬3シュヴァルグラン。坂路調教も加えて万全の態勢、9サトノダイヤモンドをマークして嵌まればひょっとするか。対抗馬。

単穴評価は無しです。

連穴評価は、一叩きした実力馬6レーヴミストラル、成長著しい4トーセンバジル、長丁場を使い続けて堅実な8タマモベストプレイの3頭とします。

◎:9
○:3
▲:無し
△:6.4.8
穴:無し
消し馬:1.2.5.7.10

馬券はオッズを見ながら三連複の予定です。


【第65回阪神大賞典 パドック診断士からの手紙】

9.3.4.6.10
パドック診断自信度:80%。

買い目

三連複
3-4-9を5000円。
3-6-9を5000円。
3-8-9を2000円。
3-7-9を1000円。
3-9-10を1000円。
4-6-9を1000円。

合計購入額:15000円。

買い目自信度:90%


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記