2017年04月18日

第77回皐月賞 パドック診断士の総括



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


波乱含みの一戦、様々な手を尽くして勝負しましたが、利益創出は出来ませんでした

レースは15アダムバローズが逃げて前半1000m通過が59秒0と淀みないペース。勝ち時計が1分57秒8ですから、後方からの馬には厳しい競馬になりました。もう少し前がやり合うかなと予想していましたが…。

1番人気の8ファンディーナは好位追走し、直線で一旦先頭に立つも垂れてしまい完敗の7着。

直線でジワジワ伸びた11アルアインが見事優勝、内ラチ沿いに味な競馬をした7ペルシアンナイトが2着に入り、好位置をキープしていた10ダンビュライトが3着に流れ込みました。

以下、レース後のジョッキー・調教師コメント抜粋です。

1着11アルアイン(松山騎手):「少し信じられない気持ちです。今まで沢山チャンスをもらっていましたが、去年もGTは2着2回で早く勝ちたいと思っていました。自分が必死に追ったせいで馬が外に寄れてしまいましたが、良く頑張ってくれました。距離は伸びても大丈夫なので、馬と一緒に頑張って行きたいです。」

2着7ペルシアンナイト(デムーロ騎手):「1コーナーと3〜4コーナーでスムーズに出来ませんでした…。勝ち馬は強かったです。」

3着10ダンビュライト(武豊騎手):「いつも通りのレースが出来て、良さを活かせました。タイムがもう少しかかって欲しかったですね。」

4着16クリンチャー(藤岡佑騎手):「4コーナーで先頭に立つ思った通りの形が出来ました。使う毎に良くなっています。折り合いも問題ありません。」

5着5レイデオロ(ルメール騎手):「最後はいい脚でした。東京に替わるのはチャンスかも知れません。」

7着8ファンディーナ(高野調教師):「競馬の進め方は上手だったと思います。大きな不利があったわけでもありません。力負けです。今後はクラブと相談しますが、ダービーの可能性は捨てていません。」

(岩田騎手):「申し訳ない…。好位で流れに乗って、それなりの競馬は出来ていました。4コーナーまでは良かったんだけど…。もまれた経験が無いのは頭に入れていましたが…。」

終わってみれば、池江厩舎2頭出しでワンツーフィニッシュ、凄いと思います。

明日は買い目分析を致します。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。