2008年12月26日

第53回有馬記念 競馬通nojiの事前予想

マクドナルドに1000人のサクラですか・・・

まあ、普通に有り得ることなんですが、これを責めるとすれば、

1.本当に買いたい人の待ち時間を1000人分増やさせたこと
2.サクラを含めて「大盛況!」と総人数をPRしたこと

ですね。

ただ、この記事もマスコミ、特に電波系は深く探らずにそのまま流すでしょうね。

今の現状で万一マックの宣伝が自粛されたら・・・それこそテレビ局は死活問題でしょう。それでなくても普通に子供たちがテレビを見る時間帯に「パチンコの新機種の宣伝」を流しまくらなければならない現状ですから、その台所事情を考えると「スルー」が一番賢い選択肢でしょう。

そんなことより管理人は今回マックが押している「クォーターパウンダー」という新商品はただの「強烈な値上げ」にしか見えないのですがどうでしょうか?

だって、ハンバーガー2個分程度のボリュームで400円弱は異常でしょう。120円×2と360円(チーズ)を=(イコール)で結ぼうと言う施策はいくらなんでも強引すぎるような気がするのですが・・・

肉自体も別に普通の子供の頃から食べてきた延長戦ですし・・・

という思いっきり長い掴みはこの辺にして、今日は

競馬通nojiの事前予想

を紹介します。

さて、どんな馬を挙げるのか?どんなコメントを出すのか?

では、どうぞ!





枠 馬番  馬名 性齢 騎手名  単勝
1  1 カワカミプリンセス 牝5 横山典弘
2 2 ベンチャーナイン 牡3 柴田善臣
3 3 コスモバルク 牡7 松岡正海
3 4 エアジパング セ5 藤田伸二
4 5 フローテーション 牡3 C.ルメール
4 6 エアシェイディ 牡7 後藤浩輝
5 △ 7 アルナスライン 牡4 O.ペリエ
5 △ 8 スクリーンヒーロー 牡4 M.デムーロ
6 × 9 メイショウサムソン 牡5 武豊
6 ◎10 マツリダゴッホ 牡5 蛯名正義
7 △11 ドリームジャーニー 牡4 池添謙一
7 △12 アサクサキングス 牡4 四位洋文
8 ○13 ダイワスカーレット 牝4 安藤勝己
8 14 アドマイヤモナーク 牡7 川田将雅





◎はマツリダゴッホ
1番人気が予想されるダイワスカーレットに比べいい枠に入ったこと、単にスカーレットに◎を付けるのも・・・と思ったことから敢えて本命に挙げます。そして、競馬通としては、誰もが知っているマツリダの中山の実績と蛯名の実績だけではなく、実はスカーレットに乗るアンカツの中山の重賞レースの実績が決して良くはないことを考慮に入れていることを紹介しておきます。

○はダイワスカーレト
これは今更言うまでもないでしょう。過去連対を一度も外したことがない(3着すらない)馬です。その場合、連対を外すまで買い続けるか?それとも穴を狙って常にスルーし続けるか?の2通りしかなく、競馬通としては前者を取ります。

△を4頭挙げましたが、このレースはそれにも順序があります。

まず△1番手はスクリーンヒーロー
アルゼンチンの後のジャパンカップの実績を買います。4歳は牝馬だけが目立っていますが、実は牡馬も強かったと来年の今頃は言われているのでは?と思い始めています。騎手のデムーロも材料です。そして最後に、先週のセイウンワンダーもそうですが、グラスワンダーの子の調子が最近いいということも挙げておきます。父グラスワンダーも有馬を勝ったグランプリホースです。買わない手はないです。

△2番手はドリームジャーニー
前走天皇賞・秋は10着でしたが、外枠が不利な東京2000で17番大外からの結果だったので評価を落とすことはないと思います。今回の枠は微妙ですが改善され、かつ最大の材料は前走斤量58kgに対し今回は57kgで走れるということです。小さい馬にとってこの1kgは有利材料です。

△3番手はアルナアスライン
結果は出ていませんがこの世代を代表する素材の馬であることは確かです。乗り変わったペリエも魅力です。アルゼンチンの3着は単に58kgの負担が大きかっただけ。そのレース1着のスクリーンヒーローは53kgだったことを考慮すれば、この馬はひょっとするかも知れません。

△4番手はアサクサキングス
もともと買っていた馬だがその信頼が揺るぎ始めているのは確か。だがこのメンバーならいくらなんでも前に行ってくれるはず。元々切れるタイプではなく同じペースで走り続けることが出来るタイプなので、前で残って粘り込めれば可能性あり。

×はメイショウサムソン
正直「3着だったらあるかも?」のレベル。武もまだ本調子ではない。

買い目は現在悩んでいるところ。馬連、馬単、そして3連単軸二頭だけでは例え的中できても面白くない。今年最後のレース、銀行的な買い方はできればしたくないが・・・。




ここのところ競馬通nojiさんのコメントにかなり熱が入ってきました。競馬通の本領発揮というところでしょうか?今回の予想も一つ一つ説得力があり、読み応えがあります。

さぁ、明日はいよいよ「パドック診断士の事前予想」です。先週のアサヒフューチャリティSをスルーしてまでこのレースに入れ込んでいる診断士さん、今週は競馬通nojiさんに輪をかけた「読み応えのある」内容になっています。また、パドック診断士さんの場合、それに最後「パドック診断」が加味されますので、それが事前予想とどうリンクしてくるのか?も考えながら読むと、更に深度が広がります。

明日のパドック診断士の事前予想、どうぞご期待ください。


posted by パドックの法則 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック