2016年11月05日

第54回アルゼンチン共和国杯 パドック診断士の事前予想

浜田省吾のコンサート延期に対してのネットの反応には思わず笑っちゃいます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


2016年11月5日(土)、6日(日) マリンメッセ福岡にて予定しておりました『SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2016“Journey of a Songwriter” since 1976 』は、浜田省吾本人の急性声帯炎、急性咽頭喉頭炎の為、公演を延期させていただくこととなりました。

「掲げた理想も今は遠いな」(J BOY)
「守るべき誇りを見失っているよな」(J BOY)
「時にわけもなく叫びたくなるよ 怒りに」(J BOY)
「誰よりも許せずにいるのだろうな 自分を」(陽のあたる場所)
「ゆうべは眠れずに泣いていたに違いない」(もう一つの土曜日)
「プール付きのマンションが原因」(MONEY)
「窓の外はどしゃぶり 体中きしむからだろう」(こんな夜はI miss you)
「寝返りするたび膝が痛むんだろう」(ベースボールキッズ)
「性感帯炎って やりすぎたのか?」
「僕は泣いてる 君のために」(遠くへ、1973年、春、20才)
「ベッドでドンペリなんて飲んでるから・・・」(MONEY)

恐らく書き込んでいるのは自分と同じくらいの年齢層の方々だと思うんですが、どんだけ好きやねん!って感じです。ま、フレーズ聞くだけでタイトルが条件反射で出てくる自分も自分ですが・・・

さて、今日は

第54回アルゼンチン共和国杯 パドック診断士の事前予想

をお送りします。

今週も参戦です!

ではどうぞ!

アルゼンチン共和国杯:上位拮抗、スローペース。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村


本命馬は1モンドインテロ。大事に大事に使われてきて、充実期をむかえた4歳牡馬。良い枠を引いてスローペースの好位から競馬出来る展開面も味方して、馬券になる確率が最も高いと予想します。鞍上は安定感抜群のルメール騎手。

対抗馬は13ヴォルシェーブ。左回り実績(3.2.0.0)と典型的な左回り巧者。ハンデ55kgはかなり有利で、調教も動いた。鞍上は力強いデムーロ騎手。

今週も外国人ジョッキーで決まるかもです。

穴っぽいのは、相手なりに走れる10プレストウィックと2000m以上の蛯名が乗る12レコンダイト

◎:1
○:13
▲:無し
△:5.11.6
穴:10.12
消し馬:2.4.7.8.9.14.15

馬券は三連単の予定です。

パドック診断士


posted by パドックの法則 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック