2016年11月26日

第36回ジャパンカップ パドック診断士の事前予想


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


ジャパンカップ:紐探し、平均ペース

本命馬は1キタサンブラック。逃げながら脚を溜めて最後もう一伸び出来る理想的な逃げ馬となり、絶好枠を引いて調教も力強い動き、もはや何も心配が無いレベル。

前走京都大賞典でキタサンブラックの3着になったラブリーデイのルメール騎手は「2400mではキタサンブラックが1番強い」とコメント、軸としてはこの馬で十分。

負けるならスパッと切れる脚を使う馬かも。

対抗馬はそのスパッと切れる脚を持っている14レインボーライン、菊花賞も良い競馬をしたが3歳牡馬なので55kgで出走出来るし今回鞍上ルメール騎手で尚更怖い。

好位から競馬するであろう3ゴールドアクターの吉田隼人騎手が、どこで仕掛けるかがレースのポイントとなりそうです。

外国馬は良馬場なら消しでいいが、雨予報なのでチェックは必要かなと思います。

◎:1
○:14
▲:16
△:3.12.17
穴:4
消し馬:2.5.6.7.8.10.11.13.15


馬券は三連単の予定です。

パドック診断士




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

posted by パドックの法則 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444363821

この記事へのトラックバック