2016年12月23日

第61回有馬記念 パドック診断士の「全頭」事前予想

2016年も最後の投資となりました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


非公式ですが、収支はプラスにV字回復し、流れを引き寄せて有馬記念を迎えます。グランプリ恒例の全頭事前予想をお楽しみ下さい。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

1枠1番キタサンブラック:何か力が働いてるのか?と疑いたくなるくらい最内枠を引く馬ですね。最内枠は4戦4勝、この枠なら逃げ宣言している馬を行かせて2番手の競馬をするでしょう。向こう正面で何かが仕掛けてグチャグチャの競馬にならない限り、馬券圏内の可能性は最も高いと判断します。本命馬

1枠2番ゴールドアクター:巻き返しに燃える昨年の勝ち馬、中山コースは適性抜群。キタサンブラックをマークして競馬出来る絶好枠を引きました。但し、調教で馬体を絞ろうと試みていますが、馬体重が前走より増えてしまうと苦戦必至。保留馬

2枠3番ムスカテール:ベテラン8歳馬、さすがにこのメンバーに入ると家賃が高い。友道厩舎はシュヴァルグランと2頭出し、援護射撃する競馬をするかも。消し馬

2枠4番ヤマカツエース:中山コース巧者もベスト距離は2000m、好位を内々で折り合ってどこまで粘れるかという競馬をするでしょう。スローペースになれば波乱の片棒を担ぐかも知れません。保留馬

3枠5番サムソンズプライド:回避する馬が出て繰り上がりで参戦、最下位候補。消し馬

3枠6番サウンドオブアース:生涯実績(2.8.1.8)とまさしくシルバーコレクターですが、昨年の有馬記念2着も前走ジャパンカップ2着も強い競馬をしています。12月絶不調のデムーロ騎手ですが、こんな時こそ怖いジョッキーです。期待大の対抗馬

4枠7番マルターズアポジー:強気の逃げ競馬で3連勝し有馬記念出走を叶えた昇り馬。今回既に「逃げ宣言」が陣営から飛び出し、果たしてどんなペースで逃げるのか…。距離適性で馬券圏内は厳しい。消し馬

4枠8番ミッキークイーン:浜中騎手が惚れ込んでいる馬で、馬券にならなかったのは3歳時の昨年のジャパンカップ8着だけ。一叩きした今回、不気味さが漂う牝馬ですね。連穴

5枠9番ヒットザターゲット:この馬には何度も好配当をプレゼントして貰いました。8歳、そろそろ引退して種牡馬にしてあげたいですね。消し馬

5枠10番アドマイヤデウス:今年は辛く厳しい1年だった岩田騎手ですが、アドマイヤデウスでは良い競馬をしています。鬱憤を晴らすレースをして欲しいし、上手く内々にポジション取り出来ればチャンスはあると思います。連穴

6枠11番サトノダイヤモンド:菊花賞は強かったし、来年は海外にも挑戦し活躍すると思います。但し、初めて古馬の一線級と走る今回に限っては危ない人気馬だと感じています。ルメール騎手は菊花賞後に「距離を心配していた」と話しています。中山コースと距離適性で不安要素があり、単穴評価に下げます。

6枠12番サトノノブレス:池江厩舎はミッキークイーン・サトノダイヤモンドと3頭出し。サトノノブレスは前々での競馬をすると強いが、距離適性で今回は厳しいので、こちらも援護射撃の競馬をするかもと思います。つまり、キタサンブラックのペースを乱す競馬をするのではと…。消し馬

7枠13番デニムアンドルビー:脚を溜めて追い込み勝負の馬なので、不発もあるが炸裂もあるのが魅力。浜中騎手なら怖いが、バルザローナ騎手では買えない。中山コース適性もなく消し馬

7枠14番シュヴァルグラン:馬の調子で言えば一番良いのはこの馬だと思います。怪我から復帰したばかりの福永騎手がどんな競馬をするか注目ですが、届かず4着の可能性も含んだ連穴評価と致します。

8枠15番アルバート:ステイヤーズSを連覇し、予定通り有馬記念に駒を進めて来ました。GTでは少し足りないイメージですが、中山コース適性と鞍上戸崎なら一発があっても。やけに人気が無いのも妙味で穴馬

8枠16番マリアライト:上半期のグランプリ宝塚記念馬もこのレースで引退。2年連続有馬記念大外枠は不運だし、牝馬の引退レースは無理をさせないので消し馬です(一昨年ジェンティルドンナにやられましたが)。

予想をまとめますと、
◎:1
○:6
▲:11
△:14.8.10
穴:15
消し馬:3.5.7.9.12.13.16


馬券は三連単の予定です。

パドック診断士


posted by パドックの法則 at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445188966

この記事へのトラックバック