2016年12月26日

「豊 残念!」第61回 有馬記念 結果

キタサンブラックと武豊、サトノダイヤモンドとルメールの勝負は、後者に軍配が上がりました。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


サトノダイヤモンド最強の輝き世代交代V/有馬記念
日刊スポーツ

 暮れの中山でダイヤが最強の輝きを放った。菊花賞馬サトノダイヤモンド(牡3、池江)が世代交代を成し遂げた。好位から強気の競馬で王者キタサンブラック(牡4、清水久)をねじ伏せ、クリストフ・ルメール騎手(37)は感涙にむせんだ。来年は凱旋門賞(G1、芝2400メートル、10月1日=シャンティイ)挑戦を最大目標に設定し、春は国内で王者の地位を固める。

 10万近い大観衆をのみ込んだ観客席が、涙でゆがんで見えた。右手を突き上げ、振り下ろす。最強の人馬をたたえる大歓声に、まぶたが震え、熱くなった。下馬してゴーグルを外すと、あふれたしずくを右手でぬぐった。サトノダイヤモンドとルメール。堂々たるクリスマスの主役だ。

 「あまり、しゃべれないね…。すみません、テンションがすごく高くて。競馬は難しい時もあるけど、今日はすばらしいです」

 上達したはずの日本語が出てこない。クールな男が声を詰まらせた。そう、まさに、このために日本へ来た。ハーツクライでディープインパクトを破った11年前とは違う。JRA騎手として、デビューから手綱をとり続けた愛馬と勝った。

 「通年免許なら1頭の馬を新馬戦からG1まで乗ることができる。そこが(短期免許との)一番の違い」

 通年免許に合格した昨年2月5日に口にした言葉だ。合否発表の直前、フランスにいた妻バーバラさんとテレビ電話で会話。緊張に耐えるには、最愛の人の姿と声が必要だった。通話中にインターネットで合否を見てくれたのも妻だ。「僕より喜んでた」。母国を離れ、異国の地で生きていく決断を下した2人。お立ち台を降りると、寒さも忘れる熱いキスをかわした。

 ゴールへ飛び込むまでは冷静沈着だった。1周目の直線半ばで中団の外から前へと進出を開始。向正面では3番手まで押し上げた。最後の直線で振りかぶったのは右ステッキ。セオリー通りなら左ムチで追って内のキタサンブラックへ馬体を併せにいくところだが、レース前に池江師から「馬体をくっつけるとキタサンはもうひと伸びする。内外で離した方がいい」と耳打ちされたのを覚えていた。急坂の頂上から再加速して、3頭分ほど外から王者を抜き去った。

 「ハートがすごかった。スーパーホース。乗りやすいから、騎手は仕事が簡単ですね(笑い)。ダイヤモンドは大好き。凱旋門賞が欲しいです。スタミナがあって頭がいい。だからチャンスあります」

 来秋は世界最高峰レースに挑む。日本の馬と、母国でまだ見ぬ頂点へ。冷たい風が乾かしてくれた瞳にはもう、次なる夢が映っている。


では結果です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
2016年12月25日(日) | 5回中山9日 | 15:25発走
第61回有馬記念(GI)
芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円

着枠馬番 馬名 性齢 負担 騎手 タイム人気 単勝 馬体重
1 6 11 サトノダイヤモンド 牡3 55.0 ルメール 2:32.6 1 2.6 502( +4)
2 1 1 キタサンブラック 牡4 57.0 武豊 クビ 2 2.7 536( 0)
3 1 2 ゴールドアクター 牡5 57.0 吉田隼 1/2 3 7.9 498( -6)
4 2 4 ヤマカツエース 牡4 57.0 池添 1.1/4 8 32.6 508( +4)
5 4 8 ミッキークイーン 牝4 55.0 浜中 クビ 7 21.9 434( -8)
6 7 14 シュヴァルグラン 牡4 57.0 福永 1/2 5 16.2 484( +2)
7 8 15 アルバート 牡5 57.0 戸崎圭 1.1/2 10 68.0 472( 0)
8 3 6 サウンズオブアース 牡5 57.0 M.デムーロ 1/2 4 8.7 506( +4)
9 7 13 デニムアンドルビー 牝6 55.0 バルザローナ クビ 11 71.0 444( 0)
10 8 16 マリアライト 牝5 55.0 蛯名 1.1/2 6 19.3 436( +4)
11 5 10 アドマイヤデウス 牡5 57.0 岩田 ハナ 9 51.5 490(+14)
12 5 9 ヒットザターゲット 牡8 57.0 田辺 3 15 189.6 520( +4)
13 6 12 サトノノブレス 牡6 57.0 シュミノー 4 13 155.2 510( -2)
14 2 3 ムスカテール 牡8 57.0 中谷 1/2 16 202.3 492( +2)
15 4 7 マルターズアポジー 牡4 57.0 武士沢 1/2 12 83.1 536( +8)
16 3 5 サムソンズプライド 牡6 57.0 横山典 3.1/2 14 180.3 484( 0)


結果

単勝
11 260円 1番人気
複勝
11 120円 1番人気
1 120円 2番人気
2 200円 4番人気
枠連
1−6 330円 1番人気
馬連
1−11 440円 1番人気
ワイド
1− 2 420円 4番人気
1−11 200円 1番人気
2−11 450円 5番人気
馬単
11−1 770円 1番人気
3連複
1−2−11 1,050円 2番人気
3連単
11−1−2 3,940円 3番人気



総括

投資額   計94,800円

内訳

三連単軸1一頭マルチ
相手2.4.6.8.10.11.14.15.16を各100円。

三連単軸6一頭マルチ
相手1.2.4.8.10.11.14.15.16を各100円。

三連単軸11一頭マルチ
相手1.2.4.6.8.10.14.15.16を各100円。

単勝6を30000円!

回収額   7,880円

収益額  △ 86,920円

ということで、過去最高の投資額で勝負しましたが、見事に潔く、そして可憐に砕け散ってしまいました。


そう、真田丸の最終回、徳川に立ち向かい、寸でのところまで追いつめたように・・・


posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445274355

この記事へのトラックバック