2016年12月30日

パドック診断士からの2016年総括 【買い目分析】


管理人さんが本年の投資結果を総括としてアップしてくださいました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


例年に比べて三連単の買い目を増やし、25戦中半数を超える13戦で採用しました。

しかしながら、13戦中利益創出は6月の宝塚記念・10月の京都大賞典・11月のジャパンカップの3戦のみで、2戦はハズレ、8戦はトリガミでした。痛恨は5月の天皇賞春で、カレンミロティック(2着)の激走を拾えなかった事です。

つまり、三連単勝負が不発に終わった1年でした。

次に、新たな作戦としてワイド馬券を採用しました。こちらは5月の日本ダービーで利益創出するも、10月の菊花賞が痛恨でここはサトノダイヤモンドから三連単勝負すべきでした。

全体的にチグハグな投資だったと反省しています。逆に言うと大勝負した有馬記念の方が、狙いがハッキリした買い目だったと思うぐらいです。

全然配当がつかない理由から、買い目から減らした三連複だけが、5戦してプラス収支に終わったのも、皮肉な結果です…。

うーんチグハグです。

来年はどう投資すべきか、残念ながら今でも明確なプランが出来ておりません…。じっくり考えて年明けに改めてご報告させて頂きます。

「パドック診断士からの手紙」をご覧の皆様、

本年も誠にありがとうございました。

来年こそは皆様の財布を膨らませるべく、新たな企画つまり企てと画策で結果を出したいと思います。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック