2017年02月07日

第67回東京新聞杯 パドック診断士の総括

デムーロ鞍上、素晴らしい調教の動き、超スローペース。2ブラックスピネル、まんまと逃げ切りました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは2ブラックスピネルがまさかの逃げの手を打ち、逃げたかった3マイネルアウラートは2番手で追走。1番人気の7エアスピネルは中段で引っ掛かる事なく折り合い、ペースは1000m通過が62.2秒という未勝利戦レベルの超スローペース。

直線でも逃げ馬が止まる筈もなく、まんまと逃げ切り勝ち。上がり3ハロン32.0秒という剛脚を繰り出した5プロディガルサンが2着、1番人気の7エアスピネルは3着に入りました。

以下、レース後のジョッキーコメント抜粋です。

1着2ブラックスピネル(デムーロ騎手):「スタートが良かったです。ペースは遅くなると思いましたが、ハナまでは考えていませんでした。逃げるのが初めてで馬が物見をしていましたが、最後までバテずに伸びてくれました。」

2着5プロディガルサン(田辺騎手):「思ったよりもいいポジションを取れましたが、誰も絡まない緩い流れで楽に逃げてるなと思いました。直線ではスムーズに前が空いてよく伸びてくれました。」

3着7エアスピネル(武豊騎手):「道中の折り合いはつきました。流れが遅くなるとは思いましたが、ここまで遅くなるとは…。この速い上がりタイムでは厳しかったです。」

4着3マイネルアウラート(柴田大騎手):「勝ち馬に行かれてしまい、2番手からのレースになって、早めにつついて行ったのですが…。今日のところは仕方ないです。」

6着10ヤングマンパワー(戸崎騎手):「久々の分、少し力んでいたようでした。直線ではいつもの感じがありませんでした。」

やはり、7エアスピネルはペースが遅かった事もありますが、直線で甘くなりましたね。

チョロ勝ちでも良しとしましょう。明日は買い目分析を致します。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446728324

この記事へのトラックバック