2017年02月20日

第34回フェブラリーステークス 結果

カフジテイクの津村ジョッキーは「騎手人生を左右する」という意気込みで臨んだということで、かなり期待していたのですが・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


【フェブラリーS】メンバー最速の上がりで追い込んだが…カフジテイクは3着
スポーツ報知

 中央競馬のG1開幕戦、第34回フェブラリーSが19日、東京競馬場で16頭が出走して争われた。

 2番人気のゴールドドリームが直線で鋭く抜け出し、G1初制覇を飾った。鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、昨年のモーニンに続く同レースの連覇を達成。東京新聞杯(ブラックスピネル)、京都記念(サトノクラウン)に続く3週連続の重賞制覇となった。
 首差の2着は内から追い込んだ5番人気のベストウォーリア(戸崎圭太騎手)。1番人気のカフジテイク(津村明秀騎手)は3着だった。
 津村騎手(カフジテイク=3着)「位置取りが後ろすぎるし、外を回りすぎた。もう少し前で運びたかった。ポジションを取れなかったのは僕のミス。完全に僕のミスです。馬は頑張ってくれました」

では結果です。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

2017年2月19日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走
第34回フェブラリーステークス(GI)
ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円

着枠馬番 馬名 性齢 負担 騎手 タイム人気 単勝 馬体重
1 2 3 ゴールドドリーム 牡4 57.0 M.デムーロ 1:35.1 2 5.0 520(+4)
2 5 9 ベストウォーリア 牡7 57.0 戸崎圭 クビ 5 7.6 516(-4)
3 5 10 カフジテイク 牡5 57.0 津村 3/4 1 4.5 486(+2)
4 7 13 エイシンバッケン 牡5 57.0 岩田 1.1/4 8 19.0 530(+4)
5 6 12 ニシケンモノノフ 牡6 57.0 横山典 1.1/4 14 100.9 512(-2)
6 8 15 ケイティブレイブ 牡4 57.0 幸 ハナ 11 44.1 498(+7)
7 6 11 ノンコノユメ セ5 57.0 ルメール クビ 4 7.1 452(+8)
8 1 1 サウンドトゥルー セ7 57.0 柴田善 ハナ 7 13.6 474(-1)
9 1 2 ホワイトフーガ 牝5 55.0 蛯名 1.1/4 10 36.2 508(-1)
10 4 7 ブライトライン 牡8 57.0 石橋脩 1/2 16 267.4 532( 0)
11 7 14 キングズガード 牡6 57.0 藤岡佑 クビ 13 81.8 456(-2)
12 3 6 モーニン 牡5 57.0 ムーア クビ 3 5.4 520(-6)
13 8 16 インカンテーション 牡7 57.0 藤岡康 2.1/2 15 125.0 506(-6)
14 2 4 コパノリッキー 牡7 57.0 武豊 クビ 6 9.0 544(-1)
15 3 5 アスカノロマン 牡6 57.0 和田 1/2 9 27.0 520(-6)
16 4 8 デニムアンドルビー 牝7 55.0 内田博 1/2 12 54.5 446(+2)


結果
単勝
3 500円 2番人気
複勝
3 180円 3番人気
9 180円 2番人気
10 150円 1番人気
枠連
2−5 470円 1番人気
馬連
3−9 1,470円 4番人気
ワイド
3−9 550円 3番人気
3−10 530円 2番人気
9−10 430円 1番人気
馬単
3−9 2,520円 3番人気

3連複
3−9−10  2,140円 1番人気
3連単
3−9−10  9,240円 2番人気





総括

投資額   計13,000円

内訳

馬単フォーメーション
1着:1.3.4.6.9.10.11.13.14.15
2着:1.2.3.4.5.6.9.10.11.12.13.14.15.16
を各100円。


回収額   2,520円

収益額  △10,480円


ということで、買い目点数を増やして勝負しましたが、本命ということでトリガミとなりました。



posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総括
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447147401

この記事へのトラックバック