2016年07月12日

第52回七夕賞 パドック診断士の総括

七夕賞はやっぱり荒れますね。12オリオンザジャパンをパドック診断にて買い目に加えた事が勝因です。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村




レースは3メイショウナルトが逃げてハイペース(1000m通過が57.9秒)。3コーナーから2クリールカイザーが仕掛けてレースが動きました。各馬叩き合いの中、8アルバートドックが抜け出し優勝、鋭い末脚で伸びてきたハンデ頭の4ダコールが2着に入り、道中後方にいた12オリオンザジャパンが3着争いを制して、またまた荒れた七夕賞となりました。

以下レース後のジョッキーコメント抜粋です。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月27日

日本ダービー枠順確定

昨日、枠順が発表されました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


皐月賞馬ディーマジェスティは1枠1番、過去10年で6勝2着2回という最高の枠を引きました。蛯名騎手に運も味方していますね。

マカヒキは2枠3番、川田騎手が近くからスタートするディーマジェスティをマークして中段から競馬するか、いつも通り後方から腹をくくって乗るか注目です。

サトノダイヤモンドは4枠8番、ルメール騎手は6、7番手で競馬したいとコメントしており、いい枠を引きました。

リオンディーズは6枠12番、引っ掛かる心配があるため陣営は内枠を希望していましたが、デムーロ騎手いかに乗るか。

スマートオーディンは5枠10番、戸崎騎手腕が鳴っているのでは(笑)。

ヴァンキッシュランは7枠14番、有力馬の中では最もがっかりしたのではないでしょうか?

さあ、日本ダービーが近づいて来ました。楽しみです!

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月26日

日本ダービー調教評価

水曜日朝、各馬がレース前の調教をしました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


有力馬の調教評価をしましょう。

ディーマジェスティ:美浦南ウッドチップコースを併せ馬で馬なり調整2馬身先着、手前の替えがスムーズになったと蛯名騎手談。

マカヒキ:栗東坂路コースを馬なりで単走、ラスト1ハロンを12.1秒でまとめて、川田騎手は「皐月賞時は時計が出過ぎたので、今回はセーブしたいい調教でした」とコメント。

サトノダイヤモンド:栗東ウッドチップコースを3頭併せ馬で1馬身先着、前走後から攻めを強めてもう一段上の負担をかけたと池江調教師談。

リオンディーズ:栗東ウッドチップコースを3頭併せ馬で半馬身先着、デムーロ騎手が3週連続で跨がって調整。調教では落ち着いている。

スマートオーディン:栗東ウッドチップコースを併せ馬で馬なり先着、戸崎騎手は今までで一番良かったとコメント。

ヴァンキッシュラン:栗東ウッドチップコースを3頭併せ馬で首差先着、急激に体力・メンタルが強化されていると角居調教師談。

まとめますと、いつも通りの調整をしたのがディーマジェスティとヴァンキッシュラン、落ち着かせる調整をしたのがマカヒキとリオンディーズとスマートオーディン、攻めた調教をしたのがサトノダイヤモンドという感じですね。

私の中では予想が固まってきました。皆さんはいかがでしょうか?

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月25日

エイシンヒカリ、フランスでGT勝利



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


5月24日、フランスのシャンティイ競馬場で行われた『イスパーン賞(GT)で、武豊鞍上のエイシンヒカリが圧勝しました。

エイシンヒカリって東京競馬場で外側に斜行しながら勝ったり、全然走る気を魅せずに負けたり、海外の大きなレースを圧勝したり、何か面白い馬ですね。

武豊騎手は先週アメリカで騎乗して、フランスに飛んでGTを勝って、すぐに帰国して週末エアスピネルで日本ダービーですか!?

本当に大忙し、頭が下がります。ちなみにエアスピネルは、三連単で買うなら一応押さえが必要ですが、私は買わないと思います。

日本ダービー、枠順発表が待ち遠しいですね。

パドック診断士



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月24日

さあ『日本ダービー』ウィークです!

競馬に興味がない人も…とテレビCMが流れていますが、今週は日本ダービーです。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村




有力馬を列記しますと、

皐月賞馬ディーマジェスティ(鞍上蛯名騎手)、皐月賞2着マカヒキ(鞍上川田騎手)、皐月賞3着サトノダイヤモンド(鞍上ルメール騎手)、皐月賞4着エアスピネル(鞍上武豊騎手)、皐月賞5着リオンディーズ(鞍上デムーロ騎手)、

別路線からは青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュラン(鞍上内田騎手)、京都新聞杯と毎日杯勝ち馬スマートオーディン(鞍上戸崎騎手)。

ざっとこんな所でしょうか。

有力馬に乗る騎手で、蛯名・川田・ルメール・戸崎の4名はダービー未勝利、

武豊は5勝(スペシャルウィーク・アドマイヤベガ・タニノギムレット・ディープインパクト・キズナ)、デムーロは2勝(ネオユニヴァース・ドゥラメンテ)、内田は1勝(エイシンフラッシュ)となっています。

中でも蛯名騎手は、2004年ハイヤーゲームがキングカメハメハの3着、2012年フェノーメノがディープブリランテの2着、2014年イスラボニータがワンアンドオンリーの2着と惜敗しています。

蛯名騎手、悲願のダービージョッキーとなるか、今年は皐月賞馬ディーマジェスティで挑戦します。楽しみですね。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月23日

真実は闇の中へ

GW中にランニング中に転んで手首を骨折してしまいました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


おかげでマウスもまともに持てずにパソコンの前に向かうのも苦痛なのですが、一週間放っておいたのでどうやら長引きそうです。

さて、その時の話。

1週間経っても治るどころか更に痛みが増してきたので、やむなくお医者さんに行ったのですが、そこで

「で、いつ転んだの?」
「実は1週間前でして・・・」
「ふーん」
(あっ、ここは叱らないんだ・・・よかった・・・)
「折れてますね」
「あ、そうなんですか。ヒビじゃなくて?」
しばし沈黙・・・その後おもむろに
「あのな、ここにガラスのコップがあるとしよう。そのコップにヒビが入って水が漏れている場合、コップが割れているとは君は言わないのか?」
(あっ、ここで食いつくのね)
「素人なのに勝手に判断してすいません」

どうやら多くの患者が私と同じような反応をするので、ついついそう言ってしまうらしいのですが、結局「いいんですよ」ということで気持ち良く診察を受けることができました。

ただし・・・

結局私のケガは骨折なのか、ヒビなのか・・・

それは今も闇の中です。

ま、どうでもいいと言えばいいのですが・・・



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月04日

第153回天皇賞(春)パドック診断士の馬券術(買い目分析)

「祭り」を歌えと言われた武豊騎手も一瞬どうすればいいかわからなかったでしょうね。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村




恐らく銭金なしに純粋に競馬がお好きなんでしょう、そんな気持ちが窺い知れるインタビューでした。

では今日は

第153回天皇賞(春)パドック診断士の馬券術(買い目分析)

をお送りしましょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月19日

第76回皐月賞 パドック診断士の総括

久々に悔いの残る買い目となってしまいました。パドックを診るまでは三連単的中でした…。

うーん、ごめんなさい。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


レースは12リスペクトアースが果敢に逃げて2番手に16リオンディーズが付けて何とハイペース(前半1000m通過が58.4秒)で展開しました。

3コーナーから16リオンディーズが先頭に立って強気の競馬。直線では有力馬が殺到し叩き合いになりましたが、外から18ディーマジェスティがまとめて交わして優勝。更に外から鬼脚を魅せた3マカヒキが突っ込んで2着、3着には1番人気11サトノダイヤモンドが入りました。4番目に入線した16リオンディーズは斜行し、15エアスピネルと11サトノダイヤモンドの進路を妨げたとして5着に降着となりました。




以下、レース後のジョッキーコメント抜粋です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月07日

【祝&御礼】2000記事アップ!

「パドック診断士からの手紙」をご覧の皆様、

今回のアップで何と2000回目と管理人さんから聞きました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村



長い間やってきたなあというのが率直な感想ですが、ご覧頂いて喜んでくださる皆様とアップし続けてくださった管理人さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。

『何事も始まりと終わりがあるから面白いしせつない』と私は思いますが、どんな形でこのブログが終わるにしても、私は楽しんで書いて皆様は楽しんで読んで頂ければ幸いです。

これからもご愛顧のほど宜しくお願い致します。

パドック診断士



2007年11月13日に初めての記事をアップさせていただいてから8年と約半年・・・

自分でもよく続いているものだと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

images (1).jpg


2000.jpg

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月28日

ドゥラメンテ残念、リアルスティール見事!

高松宮記念はガチガチの結果となりましたので、まあ、スルーが正解だったのかも知れません。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


さて、今日は

「ドバイシーマクラシック&ドバイターフ」

についてパドック診断士さんから手紙が入っていますので紹介しましょう。

では早速どうぞ!


ドバイで行われた国際競争、ドバイシーマクラシック(G1、芝2410m)で『荒々しき2冠馬ドゥラメンテ』は馬場入場後に右前落鉄が判明。打ち直しをせずに裸足のまま出走、2着に終わりました。勝ったのは世界ランク1位でドゥラメンテと並ぶ英国馬ポストポンドでした。

鞍上デムーロ騎手は「凄くいい競馬だったが、蹄鉄がなかったから馬が疲れてしまった。蹄鉄を履いてないのにこのパフォーマンスは凄い」と愛馬をねぎらってコメント。

同じくドバイ国際競争のドバイターフ(G1、芝1800m)で、リアルスティールが見事優勝しました。

鞍上ムーア騎手の手綱捌きもありますが、上手く調整し仕上げた矢作調教師と陣営にも拍手を贈りたいですね。おめでとうございます。

他にもG2のUAEダービー(ダート1900m)で武豊騎乗のラニが優勝、「次走はアメリカのケンタッキーダービー(G1、ダート2000m)に向かう」と松永幹夫調教師がコメントするなど、日本馬が世界で普通に活躍する時代になりました。

後は凱旋門賞を勝つ事ですね。ドゥラメンテなら…。期待しましょう

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月25日

20年ぶりに買ったCD(後編)

自分でCDを買ったのは、20年ぶりかも知れません。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


昨日は途中から話がズレましたが、今日は本題へ。

実は水曜日の「パドック診断士の馬券術」で「JRA」のTVCMをアップしましたが

実は管理人が買ったCDは

「いきものがかり」の「超いきものばかり」という4枚組のCDです。

なんと60曲も入って4,444円と20年前のイメージからすると「激安」です!

どうしてこんなに安くなってしまったんでしょう・・・

って、実は私、ここ20年のアーチストで「いきものがかり」だけが、自分でお金を出してでも買いたいグループなのです。

真ん中の女性は美人というわけではないですが、ヒラメ系の顔をしていて自分好み(実は昔からヒラメ顔がなぜか好きなんですよね)ですし、なにより「歌」がいい!

ストリート出身らしく、まず「サビ」から入る作り方(路上だと最初で足を止めさせないと誰も聞いてくれませんもんね)とか、おじさんの懐かしいフォークの臭いも微妙に隠し味に溶け込ませており、更には軽快なPOP感と音程のしっかりした実力派女性ボーカルの取り合わせ、それでいてプロというより、手の届きそうな素人感と分析しようと思えばいろんな言葉が出てくるくらいお気に入り(漫才でいうとサンドイッチマン並み)なのです。

子供が小学生の時、東名から見える海老名の清涼飲料会社のグランドで月に一度野球の練習をしていて、またお客様もあって、たまに厚木、海老名に行っていたのも、どこかノスタルジーを感じるのかも知れません。

しかし、メンバーは男性2人が海老名出身で厚木高校、女性が厚木出身で海老名高校と、クロスしているのですね。夏のコンサート、是非チケットを取って現地に行きたいです。

では、今日は「歩いていこう」を

(これしか見つけられなくてすいません・・・)
      ↓


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月24日

20年ぶりに買ったCD(前編)

自分でCDを買ったのは、20年ぶりかも知れません。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


パソコンが普及するようになってから、「音楽」というものに対して「お金を払う」ということがなくなりました。

ましてやファイル交換ソフトなんてものが出てからは、好き嫌いにかかわらずみんな片っ端から落としまくって、「商売」としての音楽は不遇な時代へと突入、試行錯誤しながら足掻くようになりました。

以上は一般論なのですが、実は管理人も、少なくともCDをお金を出して買うなんて、なんて勿体ないことなんだ!って思ってました。これでも高校時代は一応バンド的なものを組んでいましたし、誕生日に友達と好きなアルバムをプレゼント仕合うなんてこともするくらいステータスは高かったのですが。
とはいえ、高校1年の途中から街に「貸しレコード屋」なるものができてからは、もっぱらカセットにシコシコと録音するのが楽しみでしたが・・・

「渚のカセット 好きな歌だけ詰め込んで」

という織田哲郎のフレーズは、今でもたまに聞くと「キュン」ってなる・・・

そんな人は自分だけではないはずです。

(本ネタに行く前に長くなりすぎたので分けます・・・後半に続く・・・)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月19日

第64回阪神大賞典 パドック診断士の事前予想

ビッグタイトルに照準を定めた現役トップクラスのステイヤーが対決

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


2013年と2014年の阪神大賞典を制したゴールドシップは、昨年の阪神大賞典も快勝して同一重賞3連覇の偉業を成し遂げた。さらに同馬は、次走の天皇賞(春)を単勝2番人気の支持に応えて勝利を飾っている。過去30年の天皇賞(春)を振り返ってみると、優勝した30頭のうち13頭、単勝1番人気に支持された30頭のうち16頭は、同年の阪神大賞典に出走していた。“本番”に直結する前哨戦を制し、主役の一角として春の最強古馬決定戦に駒を進めるのはどの馬だろうか。

ということで、明日は阪神大賞典に参戦です!

それではいきましょう!

第64回阪神大賞典 パドック診断士の事前予想

阪神大賞典:本命戦、スローペース。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月18日

歳をとってくると・・・

最近、ほんの些細なことで涙腺が緩くなるのは年のせいなんでしょうか・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


kokuban.jpg

この6時間目を消した「宿題」の文言に、つい・・・

まあ、先生はもしかしたら毎年書いていて、こんなものが拡散する社会をどう思っているのかは知りませんが。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月12日

ドゥラメンテ シーマクラシック出走受諾

すいません、パドック診断士さんからは8日に受取っていたのですが、出張で更新できなかったので今日アップします。

どうもすいませんでした。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


先日、中山記念を圧勝した『荒々しき2冠馬ドゥラメンテ』が、3月26日にドバイで行われるドバイワールドカップデーの「ドバイシーマクラシック(G1)芝2410m」の出走招待を受諾し、出走する事となりました。

1着賞金360万米ドル(約4億円)のビッグレース、過去には2001年ステイゴールド・2006年ハーツクライ・2014年ジェンティルドンナが優勝していますが、ドゥラメンテはどんなレースをするか注目です。

「ここを使って、帰国後の様子を見て、10月2日のフランス凱旋門賞挑戦を計画しています」と馬主サンデーレーシング吉田代表はコメントしています。

世界の厳しさは何度も味わってきましたが、ドゥラメンテの今後が楽しみです。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月26日

後藤浩輝騎手追悼

後藤浩輝が亡くなって明日で一年が経ちます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


昨年も管理人さんにお願いして、下記内容をアップしましたが、追悼の意味を込めて再度アップ致します。

中山記念のある今週、思い出してあげてほしい…。

 通勤電車の中、あるいは仕事が一息ついたちょっとした時間や布団に入り眠りに落ちる前…この1週間、ふとした瞬間に彼のことが頭に浮かぶ。2月27日にこの世を去った後藤浩輝騎手のことだ。

 個人的に深い付き合いがあったわけではないが、当然、約15年間の関東での現場記者時代には何度も接する機会があった。彼が岡部幸雄元騎手らと年末まで激しい関東リーディング争いを演じていた2000年。同学年の彼に「そろそろベテランをやっつけて、オレらの世代の人間がトップを獲ってくれよ」と、ハッパをかけていたものだ(最終的には2位に終わった)。

 もちろん悲しみや何とも言えない喪失感もある。だが、彼のことを考えるときに浮かぶのは“なぜ?”という思いがほとんどだ。もっと大きく言えば、人間の心の危うさや命のはかなさといった類いのことを考えてしまう。そして、何となく(自宅から比較的近い)阪神競馬場の献花台に足が向かっていた。

 8日の阪神競馬場。悲報から1週間以上が過ぎているが、絶えることなくファンが訪れ、遺影の前でそっと手を合わせていた。多数の献花もされていたが、“お膝元”の中山競馬場では恐らくもっとすごい数なのだろう。あらためてファンに愛された男であることを実感した。

 昨年末の有馬記念の時には寒空の下、徹夜で中山競馬場に並ぶファンにカイロを差し入れしたというのは有名な話。とにかくファンサービスを大事にする男だったので、直接、彼と触れあった機会のある人も多いはずだ。そしてまた、競馬というのはスポーツであると同時にギャンブルでもある。「あの時は馬券を獲らせてもらったなあ」とか、またその逆もある。競馬ファンは、おのおのが彼との(一方的である場合が多いだろうが)思い出を有しているのだろう。

 個人的に思い出すのは、01年秋の栗東トレーニングセンター出張時の出来事だ。その前の週だったと思う。彼はステイゴールドに騎乗して京都大賞典に挑んだ。当時の日本最強馬テイエムオペラオーを抑えて真っ先にゴールを駆け抜けたのだが、その直前に気性難の同馬が左によれてしまい、すぐ後ろにいたナリタトップロードが転倒。渡辺薫彦騎手を落馬させたことで失格処分になった。

 栗東トレセンに出張していた記者は仕事を終え、懇意にしてもらっていたトップロードの東厩務員を訪ねようと沖厩舎に向かっていた。すると、関東所属で栗東にはいるはずのない彼が、スーツ姿で厩舎から神妙な面持ちで出てきたのだった。確か「来てたんだ」の問いかけに「うん、まあね…」と苦笑いで返してきた程度のやりとりしかなかったと思うが、すぐに彼が謝罪に訪れていたことが分かった。頑固で知られるベテランの東厩務員が「アイツは素晴らしい。あんな律義な青年はそうはいない」と感心していたのを思い出す。

 デビュー後、成績が上がらない時期に決意した単身でのアメリカ武者修行をはじめ、近年の度重なる落馬負傷からの復活。自らの努力で何度も何度も苦難を乗り越えてきた、(我々の知る限りでは)非常に強い精神力の持ち主だった。

 亡くなる10日ほど前には福島県いわき市の小学生に夢の大切さを教えていた。そして、前夜にはいつも通りフェイスブックに笑顔の写真をアップしてファンに日々の生活を報告し、土日には15鞍もの騎乗が決まっていた。そんな男がどうして突然、愛妻と幼い娘を残して、自らの命をたつ必要があったのだろうか。

 「ずっと考えていたわけじゃないと思う。色んな人に気遣いや準備をする人ですから。何も言わずに、こういうことをする人じゃないと思う。突発的な何かがあったんじゃないかな」。そう話したのは家族ぐるみで付き合いのあった福永祐一騎手だ。自宅で亡くなっているのが発見されたのは金曜朝だった。木曜に出走馬が決まり、週末に向けて気持ちを高めていくであろう段階で、張り詰めていた何かがプツリと切れてしまったのだろうか。

 突然の訃報に対する驚きを、彼の性格などを踏まえ、端的に表したのが安藤勝己元騎手のツイッターだった。「いくらパフォーマンスが得意でも、目立ちすぎやろ。本当に残念やけど、残された側は受け入れて前を向いていくしかない」。

 目立ちたがり屋で派手なことが好きで、(恐らく)その半面、寂しがり屋だった彼のことだ。忘れられることが一番つらいのではないか。だから、何かの機会にふと思い出してあげてほしい。例えば毎年、彼が逝った中山記念が行われる週に。中山記念は師匠の伊藤正徳調教師が管理したローエングリンで2度制するなど、3勝を挙げた彼が得意としていたレースでもある。

(デイリースポーツ・和田 剛)

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月02日

2016年 目標と戦略

皆様、新年あけましておめでとうございます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


今年こそ皆様の財布が膨らみ、週末の『パドック診断士からの手紙』が楽しみになって頂けるよう、結果を出していきたいと思います。

2016年の目標設定ならびに目標達成の為の戦略を下記発表させて頂きます。

★目標:『利益創出額年間20万円(回収率150%)』

…毎年回収率150%としてきましたが、今年は利益創出額を目標設定致します。イメージとしては買い目購入額が40万円で払戻額が60万円(回収率150%)をめざします。

★目標達成の為の戦略…

@牝馬限定戦は『全戦スルー』:2年連続で上限5000円勝負をしましたが、利益創出できませんでした。よって今年はもう買いません。桜花賞・オークス・秋華賞・ヴィクトリアマイル・エリザベス女王杯は勿論、それに伴う牝馬限定トライアルや牝馬限定重賞は全てスルーします。

A基本買い目を『三連単勝負』とする…たくさんの方々から応援頂き、期待に応えたいとの思いが強かった為、『いつしか三連複ボックスが増えて外れないような買い目勝負になってしまった』のでは?と感じました。よって今年は三連複より三連単を買い目の中心に据えて利益創出致します。

戦略をまとめますと、牝馬限定戦スルーにより勝負するレース数は減りますが、1レースの購入額は三連単勝負の為増えます。

三連単買い目戦略の詳しい方法(戦術)をご説明致します。

いつものように、事前予想〜パドック診断を経て、

軸馬が確定すれば、

→三連単軸一頭マルチ勝負、相手は基本7頭(購入額12600円)で最大9頭(購入額21600円までにおさめる。

軸馬が確定しなければ、

→三連単ボックス勝負、選ぶ馬は基本7頭まで(購入額21000円)におさめる。


年間勝負するレースが25戦ほどになる見込みから、買い目購入額は40万円ほどとなり、その中で60万円ほどの払戻額にする戦術です。

的中率は下がりますが、十分に回収出来ると考えます。

以上の戦略・戦術にて、2016年の目標を達成致したく思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月01日

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


winter.jpg




厳しい冬を乗り越えて『春』が来る・・・



そう、新しい『花』を咲かせるために・・・

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月31日

パドック診断士の2015年総括

管理人さんが年間実績と買い目分析をアップして下さいました。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


8年このブログの管理人をやって下さってますが、パドック診断士分析はさすがだなと思います(笑)。

三連複ボックスの買い目が多くて、しかもそこでハズしたりトリガミが連発しています。逆に三連単勝負では有馬記念は完敗でしたが、良い勝負をしていました。

得意の夏競馬での負けも痛かったし、上半期のGT連戦と牝馬限定戦はやはり負けています。

『来年度どう利益創出するか』、今年の反省をしながら現在検討中でございます。新年になりましたら、計画を発表させて頂きます。

皆様、本年も『パドック診断士からの手紙』をご愛顧いただき誠にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

パドック診断士


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村
posted by パドックの法則 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月30日

2015年 全成績



にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村


昨日も触れたとおり、2年連続の赤字収支となってしまいました。

今年も10万円超えの配当はなく、エルムステークスの63,770円が最高配当、5万円以上も計2レースという結果になりました。的中率の65.63%は置いておいて、回収率76.61%の要因は、やはり高額配当が出なかったこと、そしてその主要因はボックス買い、特に「3連複ボックス」が例年になく多かったことではないでしょうか。
 全32レース中、ボックスを選択したレースは11と約3分の1、投資金額も昨年を10万以上上回り48万1900円と、今年は幅広く買ったということが言えそうです。(ちなみに3連単は、最後の追い込みで多用し、結局8レースで選択しましたが、今年の赤字額11万2700円のうち、2万5千円程度のマイナス影響となっています)

昨年も同じことを書きましたが、

さて、それらを踏まえて来年はどう挑むか?

実績は次のステップをどうするかの道具にすぎません。

新年のパドック診断士さんの抱負に期待しましょう!!

では2015年全成績、結果一覧です。
 
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記