2008年07月11日

日本サッカー協会 キャプテンに犬飼氏

今日は本当ならば、診断士さんの

「福島遠征日記 2日目」

を書くつもりだったのですが、ちょっとどうしても触れたいニュースがあったので予定を変更します。

楽しみにしていた方、すいません。

さて、どうしても触れたいニュースとは、


日本サッカー協会 新会長に犬飼氏…J1浦和の前社長  (7月10日 毎日)

です。続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年06月19日

競馬通nojiのコラム! 『2007年一番星の一年後、それぞれの道』

さて、今日は、昨日予告させていただきました

『競馬通nojiのコラム』です。

新馬戦が始まるということで、今回のテーマは

『2007年一番星の一年後、それぞれの道』です。

一番星とは、新馬戦での勝ち馬第1号のことらしいのですが、昨年、開催初日の第1レース、出走時間が一番早かった「函館」で一番星を勝ち取った馬と、同じく先陣を切った10頭それぞれの一年後の人生?馬生?についてのコラムです。じっくりお読みください!

続きを読む
posted by パドックの法則 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年06月15日

あんたのその疑り深い眼が・・・好っき!

ヤフーのヘッドラインを見ていたら、「豊川悦司」の記事を見つけました。

“鮮度を超えた存在感”豊川悦司の対照的なCM2作品が好評


CMの命は“鮮度”である。そこには、商品の新しさはもちろん、出演するタレントの瑞々しさや時代性、言葉やファッションに至るまで“今”を象徴するものが的確に詰め込まれていなければならない。ゆえにCMに出演するタレントたちは“今”という時代に選ばれた素材であり、当然のように、いくつものCMや番組でお茶の間を独占する人気者が顔を並べることになる。そんな中、6月度の『テレビCM好感度調査』の結果を見てみると、他の顔触れとは異なる存在感を放つ人物の名前があることに気付く。7位の「キンチョール」、9位の「ソイジョイ」に出演する俳優・豊川悦司だ。

 豊川は日本の映画界に確かな足跡を残してきた言わずと知れた名優。そのキャリアは20年にわたり、1989年の映画初出演以来、第一線で活躍してきた。豊川の“凄さ”はこの20年間、映画はもちろん、テレビドラマにも精力的に出演し続けているところにある。演技の引き出しも多く、コミカルな役から汚れ役、さらには重厚な役までこなす力量は、幅広い層から支持されている。

 そんな豊川の魅力が網羅されているのが今回の調査でランクインした2作品。関西弁まるだしの“濃ゆ〜い”男性像が夏の暑さを際立たせる「キンチョール」と、女性タレント(田中麗奈)のワガママに耳を傾けながらも、しっかりと彼女をコントロールしている“ヤリ手”マネージャーの設定で、スマートな雰囲気を醸し出している「ソイジョイ」である。

 なお、2作品には「豊川悦司がエロ親父を演じているのが意外で面白い」(東京都・32歳/キンチョール)「豊川悦司のキャラクターが予想外」(神奈川県・48歳/ソイジョイ)のコメントが寄せられている。CMでもふたつのコントラストをしっかりと演じ分け、見事にに視聴者の予想を覆した豊川のプロ意識には頭が下がる。



今小学生の間でも「あんたのその・・・」の歌が流行っているらしい。どうやら、先生が「○○さん、本当に・・・ですか?」というようなシチュエーションの時に、みんなで声を合わせてからかうのだそうです。でも、管理人も関東在住なのですが、関東の子供たちは、あまりよく意味(関西弁)がわかっていないらしいのです。

続きを読む
posted by パドックの法則 at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2008年06月11日

市財政課長、かまれる!?

今日はこれまで6週連続続いたG1サーカスの総括をするつもりだったのですが、

あまりに面白いB級ニュースを発見したので、ちょっとイジリます。


市財政課長、かまれる=演歌男逮捕−埼玉県羽生市


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000057-jij-soci


 市の財政課長が・・・かまれる!?

かまれるって・・・噛まれる?誰に?

演歌男逮捕?・・・男に?・・・なんじゃそれ?続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月30日

M1総括 PART2

今日もM1について・・・

今年のM1も期待通り、といいますか期待以上だったんですが、期待を裏切ったコンビもやはりいました。そして、今年は巨人師匠と上沼恵美子さんがいたおかげで、結果もまあ妥当だといえると思います。
 ただ、密かに期待しているポイズンガールバンドが確かに期待はずれとはいえ、紳助の75点だけは納得がいきませんでした。というのも、千鳥より11点も低いおかげで千鳥よりも低い最下位になったのはこれが原因だったからです。続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月27日

M1グランプリ 2007 総括

今年のM1は面子がイマイチ・・・って思っていましたが、終わってみれば全体的になかなか良い出来だったと思います。


ちょっと総評を

優勝のサンドウィッチマンはやはり「優勝」に相応しい出来だったと思います。実は彼らは直前に大井競馬場で行われた(競馬場はテレビで見ていたんだと今書いていて気付きました)敗者復活戦でも同じネタ(渋谷のアンケート)をやって、そして勝ち上がってきたのですが、出来自体はその復活戦の方がよかったと感じました。やはり決勝は緊張していたのか、テンポが速すぎて滑舌が悪くなっていたのですが、ネタ自体がかなり練り上げられていたのであまり影響はなかったのでしょう。しかし、復活戦は殆どビデオでチェックしましたが、私も、子供も「サンドウィッチマン」が一番面白かったね!ということで事前から決勝はサンドが行って欲しいなとは感じていました。その分だけ「麒麟」や「スピードワゴン」にはがっかりしたという内容でした。続きを読む
posted by パドックの法則 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年12月05日

オシム回復

すいません、今日もちょっと個人の思い入れで。




オシムは徐々に回復、意識戻っての第一声「試合は?」12月5日14時55分配信 ISM


続きを読む
posted by パドックの法則 at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年11月20日

オシム翁と日本サッカー

今日は当ブログの趣旨とは違いますが敢えて・・・

オシム翁の容態が本当に心配です。

代表監督云々は別にして、本当になんとか持ち直して欲しい・・・

切にそう願います。

もしオシムが代表監督に復帰できれば・・・

私は日本が始めて「実力で」本大会決勝トーナメントに残れると信じています。


私がオシムのサッカーを始めて見たのは2003年市原です。
本当は1990年のW杯で見たのですが、その時は監督の名前などどうでもよかったし、例え聞いてもわかりませんでした。でも、03年以降毎年スタジアムで市原のサッカーを見るたびに、その面白さに魅せられていきました。

続きを読む
posted by パドックの法則 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。